Rohm Newslanding

ロームグループにおいてCSR内部監査マネジメントシステムを構築しています。

多くの電子機器メーカーは、サプライヤーが電子業界行動規範(EICC)などのCSRに関する基準を満たしているかどうか検証するために「CSR監査」を実施しており、ロームグループでも、こうしたCSR監査を受審しています。
そのような背景からロームグループでは、外部からの監査に加えて、2012年度からCSRに関する2つの内部監査を実施しています。


年1回実施する「CSR内部監査」は、主要な国内外生産会社21社がEICCへの適合状況を自己検証する監査です。また、2年に1回、ローム本社のCSR 室内がこれら生産会社を監査する「CSR統括内部監査」も実施し、各社のCSR内部監査実施状況やEICCへの適合状況などを検証しています。


これら監査の指摘事項を水平展開することで、ロームグル―プ全体のCSRマネジメントの底上げを図っています。