Rohm Newslanding

ラピスセミコンダクタグループにおいてCSR調達訪問確認を実施しました!

ロームグループでは、EICC行動規範(※)の遵守をはじめとするCSR条項を盛り込んだ「取引基本契約書」を国内外すべてのお取引先様と締結すると共に、「CSR調達セルフアセスメントツール」をお配りし、CSRへの取り組み状況を自己評価していただいています。

また、お取引先様を直接訪問し、対話をしながら相互にCSRのパートナーシップを深める「CSR調達訪問確認」を国内外のロームグループで展開しています。

2014年12月16日、関係会社であるラピスセミコンダクタグループが初めて、CSR調達訪問確認を実施しました。

今回の訪問確認は、ラピスセミコンダクタグループ各社とローム本社のCSR・調達担当者が参加し、書類の確認と工場内のツアーを通じ、CSRの取り組み状況について、お取引先様のお話を伺いました。

ロームグループでは、このような活動を通じ、お取引先様と協同でサプライチェーン全体のCSRを推進していきます。

CSR調達訪問確認の様子CSR調達訪問確認の様子
CSR調達訪問確認の様子

(※)EICC(電子業界CSRアライアンス)行動規範とは・・・
主に電子機器関係のメーカーや大手サプライヤーによって構成される団体が策定した規範。
「労働」「安全衛生」「環境保全」「倫理」とこれらに関連した「マネジメントシステム」からなる。