Rohm Newslanding

メンター・OJTリーダーの情報共有会を実施しました!

ロームでは、2015年度より本格的に「メンター制度*」を導入しています。この制度を通じ、新入社員(メンティ)への教育を充実させるだけでなく、助言する側の先輩社員(メンター)の成長や育成スキルの習得、さらには職場全体で"人を育てる風土"の醸成を目指し、若手社員の活性化を図っています。

また、今年度からメンターに加えて、正式にOJTリーダー*を任命しました。OJTリーダーはメンターと2人1組のペアで2016年6月に研修を受講し、各職場で新入社員サポートを日々行っています。

10月には、メンターとOJTリーダーの約200名が集まり、上期の振り返りと部門同士の交流を目的とした、情報共有会を開催し、期初に作成したメンティの育成シートを基に、「メンティの強み・弱み」、「育成者を経験した気持ちの変化」などを話し合ってもらうことで、一人ひとりが真剣に新人育成に向き合う姿勢を高め合う取り組みを実施しています。

ロームグループは今後も職場全体で、人財育成に取り組んでいきます。

ローム本社
ローム本社
新横浜駅前拠点
新横浜駅前拠点

*メンター制度:新入社員に先輩社員が1対1で相談に応じ助言を与え、計画的・継続的に育成・指導を行う仕組み。

*OJT(On the Job Training)リーダー:実際の仕事を通じて新入社員を指導し成長をサポートする先輩社員。