Rohm Newslanding

マレーシアの生産拠点で地域学校と人材育成に関する覚書を交わしました!

ロームグループのマレーシアの生産拠点であるROHM-Wako Electronics (Malaysia) Sdn. Bhd.(通称:RWEM)は社会に貢献できる優秀な人材の育成に寄与し、地域と共に発展することを目的に地域の学校と産学連携を図っています。

2016年10月2日、マレーシアの国際貿易産業相も参加された調印式で、コタバル市内にある技術系の専門学校「APT(Akademi Pantai Timur)」と覚書を交わしました。

これは、専門学校の先生をRWEMの製造現場へお招きし、RWEMの技術標準書や専門用語の紹介や装置の使用管理、修理の仕方などをお伝えし、学生に展開してもらうものです。また、実際に事業活動に触れてもらうインターシップの受け入れなども含まれており将来の仕事先を考えてもらうきっかけになればと考えています。

今後もこのような活動を通じて地域の学生と積極的なコミュニケーションを図り、次世代の人材育成に貢献していきます。

調印式にて記念撮影

調印式にて記念撮影