Rohm Newslanding

マレーシアで発生した洪水の復興を支援しました!

2014年12月にマレーシアのマレー半島北東部を中心に発生した洪水により被災された方々の支援と被災地の復興にお役立ていただくため、 2015年1月7日、ロームグループとして15万マレーシアリンギット(約500万円)の義援金をケランタン州政府へ寄贈しました。

被災したケランタン州コタバル市にあるロームグループの生産拠点 ROHM-Wako Electronics (Malaysia) Sdn. Bhd.(以下、RWEM)は、被災しませんでしたが、周辺市街で多くの民家や公共施設が浸水などの被害を受けました。

RWEMでは、社員が組織するCSR推進委員会が中心となって、地域の人々に水や食料品などの生活支援物資を寄付するとともに、社員約80名が地元の養護学校に出向き、清掃活動を実施しました。

義援金寄贈の様子(左より ケランタン州政府Dato Anuar Tan様、知事 Dato Ahmad Yakob様、RWEM 滝澤社長)
義援金寄贈の様子(左より ケランタン州政府Dato Anuar Tan様、
知事 Dato Ahmad Yakob様、RWEM 滝澤社長)
被災したコタバル市街(2014年12月25日撮影)
被災したコタバル市街(2014年12月25日撮影)
生活支援物資を寄付した小学校での集合写真
生活支援物資を寄付した小学校での集合写真
生活支援物資の寄付
生活支援物資の寄付
小学校を清掃するRWEMのCSR推進委員
小学校を清掃するRWEMのCSR推進委員