Rohm Newslanding

フィリピンと中国・天津の生産拠点がCSRについて表彰されました!

グローバルに事業活動を展開するロームグループは、ステークホルダーの皆様との対話を重視し、地域に根差したCSR活動を実施しています。この度、フィリピンと中国・天津の生産拠点における取り組みが評価され、それぞれ地域の経済区から表彰されました。

4月14日、フィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc. (通称:REPI)はフィリピン経済特区庁(PEZA)より「最優秀金賞」を受賞しました。この賞は、労働や環境、コミュニティへの活動などCSR全般に関わる取り組みに対して贈られる賞で、これまでフィリピンで受賞した企業はREPIのみとなります。

また、5月12日には、ロームグループの中国・天津の生産拠点である、ROHM Semiconductor (China)Co., Ltd.(以下、RSC)が、天津経済技術開発区より、「社会責任貢献賞」を受賞しました。RSCは6年連続で受賞しており、REPIと同様に地域へのCSRの活動が総合的に評価されました。

ロームグループでは今後もステークホルダーの皆様に貢献できるようCSR活動に取り組んでいきます。

フィリピンでの表彰(左)と受賞した盾(右)

フィリピンでの表彰(左)と受賞した盾(右)

中国・天津での表彰(左)と受賞した盾(右)

中国・天津での表彰(左)と受賞した盾(右)