Rohm Newslanding

タイの生産拠点で健康で快適な職場環境づくりに取り組んでいます!

タイの生産拠点であるROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd.(通称:RIST)では、約3,500名の社員の健康増進と快適な職場づくりを目指し、タイ政府の専門機関であるThai Health Promotion Foundation(通称:タイヘルス)が開発したHappy Workplace Programを活用しながら様々な取り組みを行っています。

RISTでは、これまでもスポーツ大会、社内でのホットヨガ・スクールを開催して健康増進を進めてきましたが、現在は、「食事」からの健康づくりをテーマに社員と社員食堂のシェフの意識改善に力を入れています。

この目標を達成するため、タイの保険会社と協力して社員や社員シェフに対する食育を開始し、たとえば塩分、糖分、コレステロールの過剰摂取を防止する啓発を行っています。

社員食堂のシェフ向けトレーニング
社員食堂のシェフ向けトレーニング
健康教育を真剣に聞く社員
健康教育を真剣に聞く社員

また、厚生棟にはリラクゼ―ション・エリアを設け、社員が憩える場を提供しています。

さらにこの度、多くの社員が利用する社内コンビニエンスストアに「ヘルスステーション」を新設しました。

ここでは、日系食品メーカーの緑茶、米菓といったヘルシー食品、健康飲料を取り扱う予定であるとともに、自由に利用できる体重計や血圧計も用意し、社員の健康意識を高める仕掛けづくりを行っています。

リラクゼーション・エリアで憩う社員
リラクゼーション・エリアで憩う社員
ヘルスステーションの様子
ヘルスステーションの様子

ロームグループでは今後も社員が健康で快適に働ける取り組みを継続的して実施していきます。

Happy Workplace Programとは・・・
タバコ及び酒の特別税を財源にタイ国民の健康増進や幸福度向上に関わる様々な施策を、企業や大学などと推進するタイ政府の専門機関Thai Health Promotion Foundationが開発した職場健康づくりプログラムの総称。「Happy 8」と呼ばれる、8つの項目から構成されており、それぞれのアプローチを通して、社員の身体的・精神的な健康増進及び幸福度を向上させ、社員の定着率向上や信頼関係構築を目指している。