CSR調達

調達活動

CSR調達

1. ロームグループCSR調達推進姿勢

ロームグループのCSR調達活動においては、それぞれのお取引先様の立場を十分理解し謙虚かつ柔軟な姿勢で「ロームグループCSR調達ガイドライン」の普及・浸透に努め、多くのご賛同を得られるよう推進いたします。
お取引先様との信頼関係・協力関係を大切にし、お互いが繁栄できる関係(WIN-WIN)を目指します。

2. お取引先様への伝達

お取引先様にロームグループのCSR調達の考え方、活動内容および活動計画対する理解を深めていただくため、直接説明する機会を持っています

<CSR調達推進説明会>

2013.6.6 99社ご出席
2015.12.9 102社ご出席

<パートナーズミーティング>

2017.7.4 109社ご出席

<ロームグループCSR調達ガイドライン>

RBA行動規範に準拠しロームグループのCSR調達に対する考え方を示し、普及・浸透させるべき具体的な項目をまとめました。

3. お取引先様取組みの確認と改善

<ロームグループCSR調達セルフアセスメント>

お取引先様のCSR活動の達成状況を確認するため、毎年自己評価をお願いしています。評価の依頼は海外も含めロームグループ生産会社のお取引先様を対象にしています。

CSR調達セルフアセスメント実施状況

<CSR調達監査>

お取引先様に直接訪問し、直接の対話を通じてロームグループのCSR調達の方針や考え方、および活動内容を伝えご理解と賛同をいただくことを目的に、セルフアセスメントの内容確認、工場確認、必要に応じて改善要請を実施しています。
監査のプロセスを通じロームグループのCSR調達の普及・浸透を図っています。

CSR調達監査訪問社数累計&取引額カバー率
(対象は、ローム本社およびロームグループ
国内・海外生産会社のお取引先様、2017年は計画値)

会社案内共通CSS java