ミュージックサロンはロームシアター京都パークプラザ3階に常設された、クラシック音楽とさまざまな形で触れ合うことができる施設で、2016年1月10日、ロームシアター京都の開館と同時にオープンしました。この施設は、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団と公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションが共同で運営しています。

写真 - ミュージックサロン 写真 - ミュージックサロン

ミュージックサロンでは、一人でも多くの方にクラシック音楽に興味を持っていただけるよう、「ROHM CLASSIC SPECIAL」として3つのイベントを開催しています。特定の作品などの魅力を紹介する「企画展」、貴重な映像・音源を放映する「上映会」、そして、ローム ミュージック ファンデーションの奨学生や著名音楽家による「トーク&コンサート」を開催し、オープン以来多くのお客様にご来場いただいております。

公益財団法人 京都市音楽芸術文化復興財団
場所  :  ロームシアター京都 パークプラザ3階東側
定休日  :  臨時休館日を除き年中無休
営業時間  :  10:00~19:00
利用料等  :  入場無料、原則出入り自由(一部整理券が必要な場合あり)

ミュージックサロン イベント

・トーク&コンサート

プロの演奏家を招いて、少人数のサロン形式でのコンサートと音楽にまつわるトークをお楽しみいただける、上質な音楽を直接肌で感じることのできるイベント。
※事前申し込み 応募多数の場合は抽選
【2016年開催例】作曲家について知ろう~ショパンとリストをたどって~

・企画展

クラシック音楽を視覚的にも楽しんでいただけるよう、音楽や映像に加え、普段目にすることができないような貴重な資料を展示・紹介。
【2016年開催例】小澤征爾音楽塾展 オペラの扉展

・上映会

オペラやオーケストラ等の貴重な映像・音源を大画面・7.1chサラウンドで上映。
【2016年開催例】オペラ オン ザ・スクリーン「ヘンゼルとグレーテル」

年間スケジュール例(2016年実績)

ミュージックサロンイベント 2018年スケジュール

トーク&コンサート

ROHM CLASSIC SPECIAL トーク&コンサート オーケストラの楽器シリーズ 「魂の楽器 ホルン ~世界一難しいと言われる金管楽器

ROHM CLASSIC SPECIAL トーク&コンサート
オーケストラの楽器シリーズ
「魂の楽器 ホルン ~世界一難しいと言われる金管楽器

日程   : 2018年3月21日(祝・水)
応募締切 : 2018年2月28日(水)
開場  :  14:30
開演  :  15:00
終演  :  16:30予定

金管楽器の中で世界一難しいと言われ、ギネスブックにも認められている楽器「ホルン」。その魅力を室内楽、オーケストラなど多岐に渡り活躍する、ホルン奏者・福川伸陽さんが、ピアニスト岡田奏さんとともに、演奏とお話を交えてご紹介します!

【出演】
福川 伸陽 [お話とホルン]
岡田 奏 [お話とピアノ]
岩崎 里衣 [司会]

コンサートのお申し込み方法

希望日・郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望枚数(1枚、または2枚)を記入の上、メール、FAXまたはハガキで以下の宛先にお申し込みください。
応募多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者の発表は、整理券の発送をもってかえさせていただきます。
なお、抽選結果のお問い合わせはご遠慮ください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。都合により内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。

応募締切  :  各コンサートの詳細でお確かめください。
メール  :  rmf@rohm.co.jp
FAX  :  075-311-0089
宛先  :  〒615-0044 京都市右京区西院西中水町1   公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

企画展

小澤征爾音楽塾展

小澤征爾音楽塾展

日程:2018 年1 月23 日(火)~3 月31 日(土)
3回目となる今回の展示は、2017年度の小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトの演目《プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」・ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」》に合わせた展示が行われます。また昨年度上演された歌劇「カルメン」で小澤征爾氏が使用した直筆の書き込み入りの楽譜や、舞台衣装などの貴重な資料も出展します。
また、期間中ミュージックサロン内で、過去に同プロジェクトの公演に出演した塾生たちによるコンサートが、3日間開催されます。日程ごとに打楽器、クラリネット、ヴァイオリンをテーマに、「ジャンニ・スキッキ」の作曲家 プッチーニと「子どもと魔法」の作曲家 ラヴェルの名曲を演奏します。

ROHM CLASSIC SPECIAL 小澤征爾音楽塾展コンサート
~塾生が奏でるそれぞれのラヴェルとプッチーニ~

Vol.1《打楽器編》
日時:2月17日(土) 
  • 開場:14:30
  • 開演:15:00 
  • 終演:16:30予定
  • 演奏:西久保友広(打楽器)、森浩司(ピアノ)
  • 曲目:マ・メール・ロワ(ラヴェル) ほか
  • 司会:岩崎里衣(司会)
西久保 友広(打楽器)
西久保 友広(打楽器)
東京音楽大学を経て、東京音楽大学大学院修士課程修了。
2005年第10回KOBE国際学生音楽コンクールにおいて最優秀賞及び兵庫県教育委員会賞受賞。第10回JILA音楽コンクール打楽器部門において第1位受賞。第22回日本管打楽器コンクールにおいて第2位受賞。第75回読売新人演奏会出演。第10回神戸新聞文化財団松方ホール音楽賞大賞受賞。現在読売日本交響楽団打楽器奏者。「パーカッション・ミュージアム」「パーカッショングループ72」「The TUBA BAND」のメンバー。東邦音楽大学講師、玉川大学非常勤講師、昭和音楽大学講師。2004年小澤征爾音楽塾 塾生。
Vol.2≪クラリネット編≫
日時:3月10日(土)
  • 開場:14:30
  • 開演:15:00 
  • 終演:16:30予定
  • 演奏:亀井良信(クラリネット)、鈴木慎祟(ピアノ)
  • 曲目:ハバネラ形式の小品(ラヴェル) ほか
  • 司会:岩崎里衣(司会)
亀井 良信(クラリネット)
亀井 良信(クラリネット)
9歳のときに父のてほどきで、クラリネットを始める。桐朋女子高等学校音楽科卒業後渡仏。パリ市12区立ポール・デュカ音楽院、オーベルヴィリエ・ラ・クールヌーヴ地方国立音楽院をいずれも満場一致の1位で卒業する。
フランスの作曲家ピエール・ブーレーズに認められ、騎馬オペラ団ZINGARO のソリストを務めた。2003 年帰国後はソロ、室内楽奏者として各地で活動している。NHK-FM「FMシンフォニーコンサート」「ベストオブクラッシック」「きらクラ」NHK-BS「クラッシック倶楽部」「題名のない音楽会」に出演。2012年リリースのCD「Rhapsodie」、2016年リリースの「Cantabile」が「レコード芸術」特選盤に選ばれている。第16回出光音楽賞、2005年度「アリオン賞」、名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。桐朋学園大学准教授。
使用楽器:Buffet Crampon「Tosca」&「Tradition」。2004年小澤征爾音楽塾 塾生。
Vol.3≪ヴァイオリン編≫
日時:3月11日(日) 
  • 開場:14:30
  • 開演:15:00 
  • 終演:16:30予定
  • 出演:三上亮(ヴァイオリン)、今井正(ピアノ)
  • 曲目:ツィガーヌ(ラヴェル) ほか
  • 司会:岩崎里衣(司会)
三上 亮 (ヴァイオリン)
三上 亮 (ヴァイオリン)
東京藝術大学音楽学部首席卒業後、アメリカ南メソディスト大学メドウズ音楽院、ローザンヌ高等音楽院、メニューイン国際音楽アカデミーで研鑽を積む。日本音楽コンクール、ブリテン国際ヴァイオリンコンクール、ストラディヴァリウスコンクールなどで入賞。東京藝術大学非常勤講師、日本音楽コンクール審査員など務める。サイトウ・キネン・オーケストラ、ヴィルタス・クヮルテットのメンバー。これまでに5枚のCDをリリース。1628年製ニコロ・アマティを貸与されている。2000年小澤征爾音楽塾 塾生、ローム ミュージック ファンデーション2004年、2005年度奨学生