Single-Pin CONFIG

Powervation Digital Power Single-Pin CONFIG技術はサプライチェーンにおける在庫管理を容易にする柔軟性の高いコンフィギュレーション設定方法です。これは、抵抗一つでユーザーがスイッチング電源(SMPS)に必要な詳細設定を可能にします。他のデザインに対しては、抵抗を一つ置き変えるだけで対応できます。

alt

Powervation Single-Pin CONFIG

この方法で、ユーザがIC内のNVMメモリに格納される8種類のコンフィギュレーションテーブルにアクセスできます。
それぞれのコンフィギュレーションテーブルに格納される59種類のパラメータ(例えばVout設定、スイッチング周波数、スルーレート、 Voutトラッキング、保護回路の閾値、マスタ/スレーブなど)にアクセスできます。複数のコンフィグレーションテーブルを一つの製品に格納しておくことで、 外付け抵抗一つで設定を選択、異なるスイッチング電源(SMPS)を設定できます。
基本動作として、コントローラは異なるコンフィギュレーション用抵抗値に従い、対応した設定情報を取り込むことが出来ます。
また、一つの登録製品で、最大8種類の設定ができ、 PMBusや他の外部プログラミング機構からの設定を不要にできます。

alt

複数設定によるSingle-Pin CONFIG

設計段階において、Powervation GUI(Graphical User Interface)はユーザーがコンフィギレーションテーブルからパラメーターを簡単に選んでプログラムできる大変便利な開発ツールです。
量産では、ユーザーが開発したコンフィギュレーションテーブルをあらかじめ書き込んだものをオーダーできます。また、書き込み前のものをオーダーし、組立工場での書き込み、プログラミング・ハウスでの書き込みも可能です。

alt

GUIを用いたコンフィギュレーションテーブル設定

デバイスの電源立ち上げ時にコンフィギュレーションされます。コンフィグレーションが終了すると、以降は電流消費を最小にするためコンフィギュレーション抵抗を流れる電流は遮断されます。
コンフィギュレーション抵抗により設定された設定値は、後で、NVMからの再設定やPMBusからの処理で上書きすることができます。

 

Hardware
DSP、RISCプロセッサ、NVM、RAMで構成される
SoCプラットホームは、
先進の電源マネージメントソリューションを実現

Firmware
高い柔軟性で各機能を設定
部品の在庫管理を統合
求められるアプリケーション毎に最適化

PowerSMART 
直観的なデザインツールは
デジタル電源を簡単に設計でき、
試作、設計を加速します。