ロームのセンサ

Research and Development研究開発

ロームでは、次世代を見据えた新技術の開発に力を入れています。材料・設計技術・製造技術・品質の向上まで調和の取れた研究開発活動を展開し、新製品の創造を目指します。

面発光型半導体レーザ

狭ビーム化を実現する面発光型半導体レーザを開発しております。
薄膜・微細加工技術で、レーザ発振の新しい仕組み(共振器)を導入することで、指向性の高いビームを生成できます。
近接する物体検知や、距離測定等のセンサ応用が期待できます。

特長

  • 従来にはない狭いビーム生成
  • レンズ等の光学系の簡素化が可能
  • 面発光で薄型パッケージが可能

アプリケーション

  • 近接センサ
  • 測距センサ
  • 赤外照明用光源
狭ビーム化

微細加工技術

微細加工技術

(例)2次元フォトニック結晶のSEM写真

テラヘルツ波デバイス

小型で室温動作が可能なテラヘルツ波半導体デバイスを開発しております。
高い周波数を用いることができるテラヘルツ波デバイスは無線通信の高速化やテラヘルツ波センシング等への応用が期待できます。

特長

  • 共鳴トンネルダイオードを用いた室温動作の
    発振素子と検出素子
  • 小型で簡便なテラヘルツデバイス

アプリケーション

  • 超高速無線通信
  • セキュリティ
  • 食品検査

発振スペクトル

発振スペクトル例

テラヘルツ波の特長

  • 光の直進性と電波の透過性を併せ持っている
  • テラヘルツ帯に多くの物質の固有スペクトルが存在する
  • 水分含有量により透過率が変化する
  • ミリ波やマイクロ波よりも周波数が高い

土壌環境センサ

ラピスセミコンダクタは社会インフラやIT農業モニタリングに向けた土壌環境センサを開発しております。
防災やインフラ監視、農業の生産性向上などへの応用に向け実証実験を行っています。

特長

  • 半導体集積化センサにより、
    簡易なリアルタイム土壌モニタリングを実現
  • PH(酸アルカリ性)、EC(電気伝導度)、
    温度センサを小型ワンチップ化
  • 社会インフラ、スマートアグリ等のソリューションに向けた実証実験を開始目

アプリケーション

  • 社会インフラモニタリング
  • スマートアグリ、IT農業
  • ヘルスケア、ウエアラブル
社会インフラソリューション

社会インフラソリューション

IT農業ソリューション

IT農業ソリューション