Arduino Uno, Lazurite, mbedに対応 ロームのセンサデバイスを評価可能なセンサシールド ロームセンサ評価キット SensorShield-EVK-002

脈波センサモジュール

脈波センサモジュール

BH1792GLC

この製品に関するお問い合わせ 脈波センサモジュール

脈波センサ

脈波とは、心臓が血液を送り出すことに伴い発生する、血管の容積変化のことです。緑色LEDと光学センサで容積変化を測定することで、脈波を検出します。センサ部に脈波検出に最適な光学フィルタを搭載することで、赤外線・赤色光などの外乱光の影響を大幅に低減。屋外などでも高品質な脈波信号が取得可能です。
また、ロームが長年培ってきた光学センサの技術を駆使することで、センサ部の感度を大幅に向上。LED輝度を下げても脈波信号を検出できるためLED駆動電流を削減し、低消費電力化も実現しました。さらに、BH1792GLCはHOST(マイコン)側の消費電力を削減するためのFIFO(First in First Out)機能も搭載しており、脈波センサとマイコンの低消費電力化で、アプリケーションのさらなる長時間駆動に貢献します。
BH1792GLCは低消費電力に加えて1024Hzの高速サンプリングを実現。高速サンプリングを必要とするストレス測定や血管年齢測定など、バイタルセンシングをサポートします。

ラインアップ

品名 脈拍数測定時
消費電流
(including LED current)
サンプリング
周波数
搭載製品
BH1792GLC-EVK-001 0.44mA 32 / 64 / 128 / 256 / 1024Hz BH1792GLC
BH1790GLC-EVK-001 0.76mA 32 / 64Hz BH1790GLC

センサ評価キットの購入

ピンアウト/シールド情報

回路図

回路図

基板レイアウト

基板レイアウト

ハードウェア設定

ハードウェア設定
  1. I2Cのエリアにボードを挿入
  2. 電源電圧の設定 (3.0V)
  3. VLED電源を5.0Vへ接続する
  4. 割り込み設定をINT1に設定する
  5. プルアップ設定をINT1に設定する