Home | マイクロコントローラ (LAPIS) | センサ制御マイコン (LAPIS)
 

センサ制御マイコン (LAPIS)

ラピスセミコンダクタのセンサ制御マイクロコントローラは、センサ群を接続するためのインタフェースとメインチップセットと接続するためのインタフェースをそれぞれ用意し、各種センサを低消費電力で統合制御できる高性能マイクロコントローラです。ウエラブルデバイスやスマートフォンの常時動作したいセンサ群をホストプロセッサから切り離してセンサ制御マイクロコントローラで制御、ホストプロセッサの負荷を軽減することで、バッテリ駆動時間を従来よりも長持ちさせることができます。ラピスセミコンダクタのセンサ制御マイクロコントローラは、システムの低消費電力化を図るために、お客様のアプリケーションが要求するCPUの性能に応じて、 ラピスセミコンダクタオリジナル " U8 Core " 搭載の ML610790ファミリと、ARM® Coretex™-M0搭載の ML630790ファミリを取り揃えています。


Loading...

Loading results...

該当がありません