1. >
  2. >
  3. >

品質への取り組み

クオリティ・システム

お客様に満足、安心していただける品質管理体制

ロームでは、社長の下に開発部門、生産部門、営業部門、管理部門、経理部門、直轄部門が組織されています。
生産部門内には、製品(LSI,TR,LED等)に対応した製造部が置かれ、日常の品質、コスト、納期についての管理業務を担っています。
各製造部内にはQC部門があり、各製品の環境、品質保証全般を担当します。直轄部門の一つとして品質保証部が組織されており、製造部や本部の枠を越えた全社に関わる品質システムの構築や情報展開と製造部QC部門の業務監視を行っています。
新製品開発時には、お客さまのご要求を満足する安全で信頼のおける製品をタイムリーに世に送り出すために4段階の設計審査、初期流動、量産の各段階の評価を行い、改善情報は上流にフィードバックされて逐次対処されると同時に次期設計に展開される仕組みになっています。

*QC:Quality Control(品質管理)

● 新製品開発の流れに沿った品質保証体系図

壊れない設計と製品づくり

微細なプロセスで作られる半導体は、一般に壊れやすいものです。ロームでは、この常識を覆し安心して使用いただけることが重要と考えています。
LSIを例にとりますと、具体的な組織としてLSI商品開発本部の中にデザインクオリティ開発部を設置しています。
デザインクオリティ開発部の活動は、設計品質の確保はもとより、過酷な条件下で使用しても破壊されない回路の開発や保護回路の導入促進など多岐にわたっています。
また、生産システム開発部における自社開発の組立加工装置では「装置で品質を作りこむ」を目的に、装置自身が自己診断したり、不良を作らないようにすることを目指しています。

● 開発製造フロー(事例)

トレーサビリティ管理

現品表示からの情報

万一、製品に起因する不具合が発生した場合、ローム製品は現品から生産情報(ロット情報)がトレースできます。
ロット情報からトレースできる製造履歴は、全工程の4M(Man、Machine、Material、Method)で、当該ロットの生産条件、出来映えについてスピーディに調査できます。
更に過去の製品についても当時の製品の状態を再度検証できるキープサンプルシステムを全製品で完備しています。