Downloading...

両極検出 (極性判別用出力) ホールIC - BU52077GWZ (新製品)

両極検出 (極性判別用出力) ホールIC BU52077GWZは、極性判別回路を内蔵し、S極用出力とN極用出力の2出力を装備したタイプで、出力論理の組み合わせで極性判別が可能です。両極検出 (極性判別用出力) ホールICを使用すれば、タブレットやスマートフォンなどのカバー開閉検出、デジタルビデオカメラなどの液晶パネルの表裏検出や回転方向検出が行えます。

在庫確認 
現在ネット商社在庫がございませんのでお問い合わせください→ お問い合わせ
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BU52077GWZ-E2 供給中 UCSP35L1 6000 6000 テーピング Yes
 
特性:
センサタイプ Omnipolar Detection Hall ICs with Polarity Discrimination
Vcc(Min.)[V] 1.65
Vcc(Max.)[V] 3.6
S極動作磁束密度[mT] 15
N極動作磁束密度[mT] -15
ヒステリシス[mT] 0.9
パルス駆動周期[ms] 50.0
平均消費電流 5µA
出力形式 CMOS
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
    • 両極検出 (極性判別用出力)
    • 間欠動作により低消費電流化
    • 超小型ウエハレベル CSP4ピン (UCSP35L1)
    • 極性判別用出力 (OUT1:S極検出, OUT2:N極検出)
    • 静電耐圧8kV (HBM)
 
ロームはいかなる時も仕様を変更する権利を有します。
 
技術資料
NE ハンドブックシリーズ

センサーネットワーク