Downloading...
 
product-image
 

両極検出(極性判別用出力)ホールIC - BU52014HFV

両極検出(極性判別用出力)ホールICは、S極検出、N極検出回路を内蔵し、S極用出力とN極用出力の2出力を装備したタイプで、出力論理の組み合わせで極性判別が可能です。両極検出(極性判別用出力)ホールICを使用すれば、携帯電話やムービーで液晶パネルの表裏検出や回転方向検出が行えます。

評価ボード確認
* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BU52014HFV-TR 供給中 HVSOF5 3000 3000 テーピング Yes
 
特性:
センサタイプ Omnipolar Detection Hall ICs with Polarity Discrimination
Vcc(Min.)[V] 1.65
Vcc(Max.)[V] 3.3
S極動作磁束密度[mT] 3
N極動作磁束密度[mT] -3.0
ヒステリシス[mT] 0.9
パルス駆動周期[ms] 50.0
平均消費電流 5µA
出力形式 CMOS
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
  • ・両極検出(極性判別用出力)
    ・間欠動作により低消費電流化
    ・小型面実装パッケージ HVSOF5
    ・1.8V電源電圧対応
    ・静電耐圧8kV(HBM)
 
 
技術資料
NE ハンドブックシリーズ

センサーネットワーク