Downloading...
 
product-image
 

1ch 200mA CMOS LDO レギュレータ - BU33JA2VG-C (新製品)

BU33JA2VG-Cは、200mA出力の高性能CMOSレギュレータです。パッケージはセットの小型化に貢献できるSSOP5を採用しております。回路電流33μA と低消費でありながらノイズ特性、負荷応答特性に優れ、車載カメラ、車載レーダなど様々なアプリケーションに適しています。

現在ネット商社在庫がございませんのでお問い合わせください→ お問い合わせ
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BU33JA2VG-CTL 供給中 SSOP5 3000 3000 テーピング Yes
 
特性:
グレード Automotive
耐圧(Max.)[V] 6.5
ch 1
Vin(Min.)[V] 1.7
Vin(Max.)[V] 6.0
Vout (Typ)[V] 3.3
Vout Precision ±2.0%
Iout(Max.)[A] 0.2
Circuit Current[mA] 0.033
Output Short Current[mA] 100
Shutdown Function Yes
Thermal Shut-down Yes
Over Current Protection Yes
Over Voltage Protection No
Discharge Function No
Soft Start No
Ripple Rejection [dB] 68.0
Load Regulation[mV] 0.5(Io=1 to 100mA)
Input Capacitor[µF] 0.47
Output Capacitor[µF] 0.47
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 125
特長:
    • AEC-Q100対応(Grade1)
    • 全動作条件で±2%の高精度出力電圧
    • 高リップルリジェクション:68dB(Typ、1kHz)
    • 小型セラミックコンデンサ対応(Cin=Cout=0.47μF)
    • 低消費電流:33μA
    • 出力電圧ON/OFF制御機能
    • 過電流保護回路、過熱保護回路内蔵
    • パッケージSSOP5はJEDEC規格SOT-23-5と同等
 
ロームはいかなる時も仕様を変更する権利を有します。
 
技術資料
リニアレギュレータの基礎

アプリケーションノート

リニアレギュレータのスペック

アプリケーションノート

周波数特性分析器(FRA)による位相余裕測定方法

周波数特性分析器を使い、簡単に位相余裕を測定する方法

パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

パッケージの熱抵抗と熱特性パラメータの定義及びその活用方法

リニアレギュレータの電源 オン/オフ特性

電源オン/オフ時の⼀連の動作について説明

リニアレギュレータの逆電圧保護

アプリケーションノート

BAxxCC0 シリーズの出力セラミックコンデンサを使用した回路

出力にセラミックコンデンサを使用して安定に位相補償できる回路を提案

リニアレギュレータの熱計算

ICチップのジャンクション温度の見積もり方法とローム標準基板での計算例

汎用ICベストセレクション

ロームの汎用ICカタログ

形名の構成

For ICs