Downloading...
 
product-image
 

光学式脈波センサIC - BH1792GLC (開発中)

BH1792GLCは、LEDドライバと緑色及びIR検出用のフォトダイオードを搭載した光学式脈波センサICです。LED を生体内に向けて照射した時の反射光の強度を測定します。LEDの輝度は、LED の駆動電流にて調整可能です。高い感度と優れた波長選択性を備えた緑色検出用フォトダイオードを用いることで、精度よく脈波信号を得ることができます。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BH1792GLC-E2 開発中 WLGA010V28 3000 3000 テーピング Yes
 
特性:
グレード Standard
センサタイプ Heart Rate Monitor
アナログ電源電圧 (Min.) [V] 2.5
アナログ電源電圧 (Max.) [V] 3.6
動作時消費電流 [µA] 200.0
パワーダウン時消費電流 [µA] 0.8
赤色光カット Yes
赤外光カット Yes
I/F I²C
動作温度範囲 (Min.)[°C] -20
動作温度範囲 (Max.)[°C] 85
特長:
    • 波長選択性に優れたGreenフィルタと赤外光除去フィルタを乗せたGreenに感度を持つフォトダイオードを搭載
    • IRに感度を持つフォトダイオードを装着判別用に搭載
    • 高サンプリング周波数(1024Hz)対応
    • 電流設定可能なLEDドライバ回路内蔵
    • I²C bus インタフェース対応(f/s mode support)
    • FIFO内蔵
 
ロームはいかなる時も仕様を変更する権利を有します。
 
技術資料
BH1792GLC-EVK-001 評価ボード使い方資料

脈波センサBH1792GLCの評価ボードユーザーガイド

センサ評価ボード Shield-EVK-001(SensorShield) 使い方資料

Arduinoに接続してロームセンサ基板を接続できるようにするSensorShieldの使い方

パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

パッケージの熱抵抗と熱特性パラメータの定義及びその活用方法

NE ハンドブックシリーズ

センサーネットワーク