Downloading...
 
product-image
 

1ch 150mA CMOS LDOレギュレータ - BH15PB1WHFV

ロームのポータブル機器向け低ドロップアウトレギュレータは、自社CMOSプロセスを用いて低消費電力・高精度を実現。オートパワーセーブCMOS LDOレギュレータシリーズは、出力電流の変化にあわせてレギュレータの特性を最適な状態へ自動切り換え可能としたシリーズレギュレータです。セットが待機状態の時は、レギュレータの自己消費電流を約2μAまで低下させ、消費電力を押さえます。通常電流時には、高速動作モードへ自動的に切り換わります。また、ソフトスタート機能を使用することで、立上げ時、出力コンデンサへの突入電流を低減することもできます。パッケージには放熱性に優れたHVSOF5パッケージを採用し、省スペース設計に貢献します。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BH15PB1WHFV-TR 供給中 HVSOF5 3000 3000 テーピング Yes
 
特性:
グレード Standard
耐圧(Max.)[V] 6.5
ch 1
Vin(Min.)[V] 1.7
Vin(Max.)[V] 5.5
Vout (Typ)[V] 1.5
Vout Precision ±25mV(High speed), -3.3% to +4.3%(Low Icc)
Iout(Max.)[A] 0.15
Circuit Current[mA] 0.02
Output Short Current[mA] 50
Shutdown Function Yes
Thermal Shut-down Yes
Over Current Protection Yes
Over Voltage Protection No
Discharge Function Yes
Soft Start No
Ripple Rejection [dB] 60.0
Load Regulation[mV] 10(Io=10 to 100mA)
Input Capacitor[µF] 0.47
Output Capacitor[µF] 0.47
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
  • ・低消費モード・高速モード自動切換え
    ・突入電流防止回路内蔵
    ・低電圧1.7V動作
 
 
技術資料
リニアレギュレータのPCBレイアウトについて

BHxxPB1 シリーズ PCB レイアウト

パッケージの熱抵抗、熱特性パラメータについて

パッケージの熱抵抗と熱特性パラメータの定義及びその活用方法

リニアレギュレータの基礎

アプリケーションノート

リニアレギュレータのスペック

アプリケーションノート

リニアレギュレータの逆電圧保護

アプリケーションノート

周波数特性分析器(FRA)による位相余裕測定方法

周波数特性分析器を使い、簡単に位相余裕を測定する方法

リニアレギュレータの熱計算

ICチップのジャンクション温度の見積もり方法とローム標準基板での計算例

リニアレギュレータの電源 オン/オフ特性

電源オン/オフ時の⼀連の動作について説明

BAxxCC0 シリーズの出力セラミックコンデンサを使用した回路

出力にセラミックコンデンサを使用して安定に位相補償できる回路を提案

汎用ICベストセレクション

ロームの汎用ICカタログ

形名の構成

For ICs