Downloading...

カップリングコンデンサレスラインアンプ - BD8876FV (新製品)

BD8876FVは出力カップリングコンデンサレスラインアンプです。負電源発生回路を内蔵しており、正電圧と負電圧の両電圧を用いてラインアンプを駆動することで、グラウンドレベルを基準にして出力を行います。そのため、広い出力ダイナミックレンジを持ち、単一電源5Vで2Vrmsの信号を出力することが可能です。これにより高電圧出力のレギュレータを削減することが出来ます。また、グラウンドを基準として出力を行うため、出力カップリングコンデンサなしに他デバイスとの接続が可能です。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BD8876FV-E2 供給中 SSOP-B14 2500 2500 テーピング Yes
 
特性:
Vcc(Min.)[V] 3.0
Vcc(Max.)[V] 5.5
I/F PORT
Number of Line Outputs STEREO
Line Output Type Ground-Centered
Line THD+N[%] 0.0030
Line SNR[dB] 109.0
Line PSRR[dB] 65.0
Input Type Single
Output Noise[µVrms] 8
Number of Inputs STEREO
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
    • 単一電源 5Vで2Vrmsの信号を出力可能
    • 出力カップリングコンデンサ不要
    • 可変利得 (+6.0dB/+9.0dB Typ) [BD8876FV]
    • 固定利得 (+6.7dB Typ) [BD8878FV]
    • 負電源発生回路内蔵
    • グラウンド基準出力
    • 減電圧保護回路 / 短絡保護回路内蔵
 
 
アプリケーション:
 
ロームはいかなる時も仕様を変更する権利を有します。
 
技術資料
形名の構成

For ICs