Downloading...
 
product-image
 

2次ポストフィルタ/ハイボルテージ機能内蔵 カーオーディオ用サウンドプロセッサ - BD37069FV-M (新製品)

BD37069FV-Mはステレオ6chの入力セレクタを内蔵し、信号レベルを調整してADコンバータへ出力します。DAコンバータから出力された信号の帯域外ノイズを低減するための2次ポストフィルタとボリュームをそれぞれ6ch内蔵し、最大出力5.2VRMSまで増幅可能です。さらにTDMAノイズ低減機能を搭載しており、セット設計の容易化に貢献します。

在庫確認 
現在ネット商社在庫がございませんのでお問い合わせください→ お問い合わせ
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BD37069FV-ME2 供給中 SSOP-B40 2000 2000 テーピング Yes
 
特性:
Vcc(Min.)[V] 7.0
Vcc(Max.)[V] 9.5
Iq[mA] 30.0
I/F I2C BUS
Outputs 6
THD[%] 0.0030
Output Noise[µVrms] 3.1
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
    • AEC-Q100対応
    • シングルエンド入力可能な差動入力セレクタ内蔵
    • ゲイン切換時のポップ音を軽減するアドバンスト・スイッチ回路内蔵
    • DACの帯域外ノイズを低減する2次ポストフィルタを内蔵(外付け部品無し)
    • バッファ受け 高CMRRグランド・アイソレーションアンプを内蔵
    • TDMAノイズ低減回路内蔵
    • 5.2VRMS出力が可能なHigh-Voltage機能内蔵
      (VCCH=11.5Vで最適な3.2VRMSモード使用可能)
    • I2C-busコントローラは、3.3V/5Vに対応
    • パッケージにSSOP-B40を使用。音声入力端子、音声出力端子をそれぞれまとめて配置し、信号の流れを一方向に揃えていることが基板パターンのレイアウトを容易にし、基板面積の削減に貢献
 
ロームはいかなる時も仕様を変更する権利を有します。
 
技術資料
形名の構成

For ICs