Downloading...
 
product-image
 

カーオーディオ用サウンドプロセッサ - BD37033FV-M

BD37033FV-M はカーオーディオ用サウンドプロセッサです。シングル入力 3 つ、グランドアイソレーション入力 2つの入力セレクタ、ボリウム、3バンド・パラメトリックイコライザ、ラウドネス、 6ch フェダーボリウム、(サブウーハ用)LPF、アンチエイリアシングフィルタ、ミキシングボリウムを内蔵。さらにマイコン制御が容易なロームオリジナルのアドバンスド・スイッチ回路を内蔵しており、無音時の切換えから 20Hz の超低音かつ大信号入力時まであらゆる条件での切り換えショック音を排除した高品位なカーオーディオシステムを実現できます。

形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BD37033FV-ME2 供給中 SSOP-B28 2000 2000 テーピング Yes
 
特性:
Vcc(Min.)[V] 7.0
Vcc(Max.)[V] 9.5
Iq[mA] 31.0
I/F I2C BUS
Outputs 3
Tone Control Band Bass, Middle, Treble
Input Gain[dB] 0to+16dB
FADER[dB] to-100, -∞
THD[%] 0.0020
Output Noise[µVrms] 5.5
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
  • ・アドバンスド・スイッチ回路によりゲイン・減衰量の切換ノイズを軽減
    ・シングル3/差動2の入力セレクタ回路を内蔵
    ・外付け部品を大幅に削減
    ・ミキシングボリウム・Hi-Voltage 出力機能を内蔵
    ・anti-aliasing 及び GMS ノイズ対策フィルタ内蔵
    ・パッケージにSSOP-B28を使用
    ・I2C BUS は3.3V / 5V に対応
    ・AEC-Q100 対応
 
 
アプリケーション:
 
 
 
 
技術資料
形名の構成

For ICs