Downloading...
 
product-image
 

サラウンド内蔵サウンドプロセッサ - BD3491FS

6入力セレクタや入力インピーダンスの変動の無い可変ボリュームを内蔵しています。また、外付け部品により2バンド・イコライザ(バス/トレブル、ゲイン調整幅±14dB、2dBステップ)や、バスブースト/出力ゲイン/サラウンドが実現可能なサウンドプロセッサです。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BD3491FS-E2 供給中 SSOP-A32 2000 2000 テーピング Yes
 
特性:
Vcc(Min.)[V] 4.75
Vcc(Max.)[V] 9.5
Iq[mA] 7.0
I/F I2C BUS
Volume Range 0to-87 / -∞ (1dB / step) Independent control
Tone Control Band BASS, Treble
Input Gain[dB] 0 / 2 / 4 / 6 / 8 / 12 / 16 / 20
Surround Yes
THD[%] 0.0020
Output Noise[µVrms] 5
Output voltage(Max.)[Vrms] 2.3
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
  • · シングルエンド 6ch 入力セレクタ回路内蔵
    · 携帯オーディオ入力用ボリュームとして使用可能な入力ゲインコントロールを内蔵.
    · ボリューム可変時、ボリューム入力端子のインピーダンス変動がないため、ボリューム入力端子をマイク入力端子としても使用可能.
    · Bi-CMOS プロセスを使用することにより、低消費電流で省エネルギー設計に最適。セット内部のレギュレータの小規模化や、発熱に対してより品質的に有利.
    · パッケージに SSOP-A32 を使用。音声入力端子、音声出力端子をそれぞれまとめて配置し、信号の流れを一方向に揃えていることが基板パターンのレイアウトを容易にし、基板面積の削減に貢献.
 
 
技術資料
形名の構成

For ICs