Downloading...
 
product-image
 

ALC内蔵プリアンプ - BA3308FV

BA3308F/FV は、ステレオラジオカセットテーブルレコーダ、テープレコーダ等用に開発されたALC 付きデュアルプリアンプです。
コンパクトなSOP14、SSOP-B14 のパッケージに、録音/再生用プリアンプを2 回路と、ALC 回路を内蔵しています。プリアンプは高利得、低歪率で、入力回路は入力カップリングコンデンサが不要なダイレクトカップリング方式を採用し、テープヘッドの磁化や、ポップノイズの発生を防止しています。
ALC 回路は、チャンネル間のバランスがよく、整流回路を内蔵しているため時定数回路を外付けするだけダイナミックレンジの広いALC 回路を構成することができます。
また、この他に、電源投入時に発生するポップノイズを防止する電源ミュート回路を内蔵しています。

* 本製品は、STANDARD GRADEの製品です。車載機器への使用は推奨されていません。
形名
供給状況
パッケージ
包装数量
最小個装数量
包装形態
RoHS
BA3308FV-E2 供給中 SSOP-B14 2500 2500 テーピング Yes
 
特性:
Vcc(Min.)[V] 4.5
Vcc(Max.)[V] 14.0
Iq[mA] 3.5
Line THD+N[%] 0.1
Open loop Gain[dB] 80.0
動作温度範囲(Min.)[°C] -40
動作温度範囲(Max.)[°C] 85
特長:
  • ・ ALC 整流ダイオードを内蔵している。
    ・ 動作電源電圧範囲が広い。(VCC=4.5~14V)
    ・ 消費電流が少ない。(IQ=3.5mA)
    ・ 高利得である(GVO=80dB)
    ・ 低歪率である。(THD=0.1%)
    ・ 低雑音である。(VNIN=1μVrms)
    ・ 入力カップリングコンデンサが不要である。
    ・ ALC のチャンネルバランスが良い。
    ・ 電源ミュート回路を内蔵している。
    ・ 入力抵抗を外付けすることにより、ALC のダイナミックレンジが可変できる。
 
 
技術資料
形名の構成

For ICs