1. >
  2. >

オペアンプとは? 入力電流

入力電流

「差動入力電圧」、「同相入力電圧」において、VEE-0.3Vよりも低い電圧もしくはVCC+0.3Vよりも高い電圧を入力した際に入力端子に電流の流れ込みもしくは流れ出しが発生し、特性の劣化や破壊につながります。
これを防ぐ方法として、入力端子にクランプ用の順方向電圧の小さいダイオードを設ける、もしくは抵抗を挿入して入力端子に流れる電流を制限する方法があります。
前者はICに入力される電圧を制限する方法であり、後者は電流を制限する方法となります。
入力電流は10mA以下となるように抵抗を設定して下さい。VFはダイオードの順方向電圧でおおむね0.6V程度となります。

入力電流制限抵抗の接続について、入力保護ダイオードの接続

[PDFファイル]オペアンプ・コンパレータの基礎

エレクトロニクス豆知識