2018-01-31

フィリピンの生産拠点では、廃材を使ったクリスマスランタンのコンテストを開催しました!

ロームグループでは、事業活動を行っている世界各地で社会課題を意識したさまざまな活動を実施しています。

2017年12月、ロームグループのフィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc. (通称:REPI)はクリスマスランタン製作コンテストを開催しました。この活動は、社員がリサイクルの重要性を学ぶことを目的に、各部署で出た廃棄物をランタンの材料として活かし、作品の美しさを競うもので、毎年実施しています。

今回は39の部署からランタンが出展され、製作に携わった社員からは「部署のみんなで一緒にランタンを作ることで、仲間意識が高まった」「自分たちの部署から出る廃棄材料を使うことによって、リサイクル資源の重要性について認識できた」との声がありました。

また、審査員からは「それぞれの部署が廃棄物を使って美しいランタンを作った事に驚いた」「ランタンはどれも綺麗で、これはREPIの社員達がクリエイティブで機知に富んでいるからだ」という声がありました。

ロームグループでは、今後もこのような活動を通じて、地球環境の保全に努め、環境問題を含む社会課題の解決に貢献していきます。

1位の作品
1位の作品                    2位の作品      3位の作品 
1位に選ばれた部署のチーム
1位に選ばれた部署のチーム      審査の様子