2017-09-20

中国の生産拠点で、CSR監査について理解を深めるための講習会を実施しました!

ロームグループでは「経営品質」を高めるため、EICC行動規範などの国際規範における労働・安全衛生・環境・倫理といったCSRに関する基準に準拠した内部・外部の監査を実施し、CSR経営のPDCAサイクルを回しています。

中国・大連の生産拠点であるROHM Electronics Dalian Co., Ltd.(通称:REDA)では2017年8月3日、CSR内部監査を実施する社員に対し、監査の実施目的や意義を再認識するためのスキルアップ講習会を実施しました。

講習では、ロームグループのCSR/CSVの考え方をはじめ、国連グローバル・コンパクト、CSRのグローバルなガイドラインであるISO26000、電子部品業界のCSR規範であるEICC行動規範の理解と実践について伝えました。

今後もロームグループでは、継続的に監査を実施することでCSRマネジメントシステムの強化に取り組み経営品質の向上に邁進していきます。

講習会の様子

講習会の様子