2017-04-12

ロームのレポートが第20回環境コミュニケ―ション大賞で優良賞を受賞しました!

近年、ESG(環境・社会・ガバナンス)のような非財務情報の開示が企業を評価する投資基準に大きく関わるなか、ロームグループでは会社案内とCSRレポートを統合した「ROHM Group Innovation Report」を毎年発行し、事業・CSR活動を社外のステークホルダーの皆様へ向けて発信しています。

この度、環境省及び一般財団法人 地球・人間環境フォーラムが主催されている「環境コミュニケーション大賞」において、「ROHM Group Innovation Report 2016」が環境報告書部門の優良賞を受賞しました。昨年も同部門で優良賞を受賞しており、今回で2年連続2回目の受賞となります。

今回で20回目となるこの賞は、企業の環境経営および環境コミュニケーションへの取り組み促進や情報の質的向上を図ることを目的に優れた環境報告書などを表彰する制度として毎年行われており、中長期視点の優れた環境戦略を掲げ、実践している企業に贈られます。

「ROHM Group Innovation Report 2016」は、世界的なCSR報告のガイドラインであるGlobal Reporting Intiative(GRI)G4に基づき、環境を含むCSR活動を報告しています。また環境負荷データに関し、第三者検証をすることで、より透明性・信頼性の高い形で情報を公開しておりこれらの取り組みが今回の受賞につながったと考えています。

ロームグループではこれからもESG情報の開示を積極的に進め、ステークホルダーの皆様からより信頼される企業を目指すと共に企業価値の向上に努めていきます。

環境コミュニケーション大賞「優良賞」
環境コミュニケーション大賞「優良賞」
「ROHM Innovation Report 2016」(環境情報はP.23-24にて報告)
「ROHM Innovation Report 2016」(環境情報はP.23-24にて報告)

■ROHM Group Innovation Report 2016はこちらから