2017-03-15

2017年度「CSR企業ランキング」のCSR関連項目で高評価をいただきました。

ロームは東洋経済新報社が毎年行っている「CSR企業ランキング」において、対象調査企業1,408社中、総合順位で55位にランクインしました。(前年は58位)また、所属業種(電気機器)内順位では103社中、14位にランクインしました。

「CSR企業ランキング」は幅広いステークホルダーから「信頼される会社」を発掘することを目的にCSR(人材活用、環境、企業統治+社会性)と財務(収益性、安全性、規模)の両面から企業が得点順位でランキングされるものです。

ロームは項目別で、企業統治+社会性項目で5位、環境項目で14位、CSR全体では18位という高い評価をいただきました。

なかでも企業統治のみの評価は100点満点であり、これは経営品質を高めるためEICC行動規範に基づいた内部・外部の監査を受審していることや、代表取締役社長が委員長を務め、全取締役が参加するCSR委員会の開催等の取り組みが評価されたと考えています。

ロームグループは今後もCSRの取り組みを強化し、社会からより信頼される企業を目指していきます。