2017-03-01

フィリピンの生産拠点が地域の植林活動に参加しました!

近年、気候変動に伴う社会問題が増加しており、温室効果ガスの排出を低減する取り組みなど、具体的な対策が世界的な課題として掲げられています。なかでも温暖化対策としての植林は世界中で行われている活動です。

ロームグループのフィリピンの生産拠点であるROHM Electronics Philippines, Inc. (通称:REPI)は、首都マニラ南部に位置するバタンガス州にある工業団地で開催された植林活動に参加しました。

この活動は地域の緑化推進を目的に様々な企業が協力して行っているもので、REPIは継続的に参加をしています。

今回、本活動に参加した社員からは、「この活動を通じて、緑ある豊かな環境の推進に貢献できてよかった。」、「私たちが植えた木が、地域の環境保全に役立つのが嬉しい。」といった声が上がりました。

今後もこのような活動を通じて、地球環境の保全に努め、環境問題を含む社会課題の解決に貢献していきます。

植林に励む社員たち
植林に励む社員たち
記念撮影
記念撮影