2017-02-15

ロームのCSRウェブサイトがCSRコンテンツ充実度ランキングで10位に選ばれました!

近年、ESG(環境・社会・ガバナンス)のような非財務情報に着目して投資先を選ぶESG投資への関心が高まっており、企業が開示する情報の量や質が重要な課題としてあげられています。

2017年1月、一般社団法人CSRコミュニケーション協会*が実施された「CSRコンテンツ充実度ランキング」においてロームが時価総額国内上位200企業中、10位に選ばれました。

このランキングはウェブコンテンツの情報充実度、情報開示姿勢度、アクセシビリティなどを独自の評価基準である7項目(即時性、網羅性、利便性、戦略性、拡張性、視認性、客観性)から分析し、格付けされたものです。

今回、CSR戦略の開示、ソーシャルメディアでのCSR情報の発信、ガイドライン等への対応などが高評価につながったと考えています。

ロームは今後もウェブコンテンツの情報を充実させ、ステークホルダーの皆様によりご理解いただける企業を目指していきます。

*一般社団法人CSRコミュニケーション協会:持続可能な社会経済の発展に貢献するため、企業のCSRコミュニケーションの品質向上支援及び、啓発・普及・促進について、主にデジタル領域のCSRコミュニケ―ションに関する調査・アドバイザリーを行う協会。