ポータブル機器、センサアプリケーションに最適!
低電圧動作CMOSオペアンプに超小型パッケージタイプが続々追加

概要 | 基本特長 | 特長1 | 特長2 | ラインアップ | アプリケーション

セットをもっとちいさく・うすくするのなら、ロームの世界最小クラスCMOSオペアンプ。

概要

電子機器の更なる低電圧化、低消費電力化が進むなかロームも低電圧から動作し、また低消費電流であるCMOSタイプのオペアンプのラインアップ充実に努めております。
なかでもポータブル機器や小型のセンサアプリケーションでは、パッケージの小ささも重要なポイントとなります。
今回、従来からある低電圧動作CMOSオペアンプシリーズに業界最小クラスのパッケージ(HVSOF5)を採用した 新CMOSオペアンプをラインアップに加えました。
パッケージ厚も0.6mmと薄く、チップ受動部品並の高さとなっており、セットの小型・薄型化に大きく貢献します。

低電圧動作CMOSオペアンプ

基本特長

  1. 1.7Vまたは1.8Vからの低電圧動作
  2. 標準向け-40℃~+85℃、ハイグレード向け-40℃~+105℃動作保証
    -40℃~+85℃:BU72□□HFV/BU74□□HFV
    -40℃~+105℃:BU72□□SHFV/BU74□□SHFV
  3. 低消費電流 :5μA(BU7245でSR:0.035V/μs時)
  4. 高スルーレート:5V/μs(BU7495でIDD:650μA時)
  5. フルスイング入出力、グランドセンス入力/フルスイング出力タイプ
  6. 業界トップクラスの超小型パッケージ:HVSOF5
    (1.6mm×1.6mm t=0.6mm max)
外形寸法図 HVSOF5

特長1 : 超小型・薄型パッケージHVSOF5を採用

携帯機器やモジュール、センサ基板など省スペース実装が求められるセットに最適な超小型パッケージが低電圧動作CMOSオペアンプに採用されました。
従来パッケージに比べ、実装面積で約1/3、高さで約1/2の省スペース、低背実装が可能になります。
0.6mmサイズのパッケージ厚は、周辺のチップ抵抗器やコンデンサと同等サイズでオペアンプが薄型化のネックになることはありません。

超小型・薄型パッケージ

特長2 : 1.7V~の低電圧動作が可能

携帯機器などのバッテリ駆動のセットで、
低電圧化・低消費電力化がますます促進
されており、搭載の電子デバイスにも低電
圧化、低消費電流化が求められています。
ロームはこのたび1.7Vの低電圧から動作
可能なCMOSオペアンプを実現。乾電池
1.5V×2でも使用できるようになりました。

1.7Vからの低電圧動作

ラインアップ

品名 電源電圧
[V]
回路電流
[μA]
入力オフセット
電圧 [mV]
電圧利得
[dB]
スルーレート
[V/μs]
パッケージ
BU7275HFV 1.8~5.5 40 1.0 95 0.3 HVSOF5
BU7295HFV 1.8~5.5 150 1.0 95 1.0 HVSOF5
BU7255HFV 2.4~5.5 540 1.0 105 3.4 HVSOF5
BU7245HFV 1.8~5.5 5 1.0 95 0.035 HVSOF5
BU7205HFV 1.8~5.5 0.4 1.0 95 0.0025 HVSOF5
BU7465HFV 1.7~5.5 120 1.0 100 1.0 HVSOF5
BU7445HFV 1.7~5.5 40 1.0 100 0.25 HVSOF5
BU7475HFV 1.7~5.5 9 1.0 100 0.05 HVSOF5
BU7495HFV 1.8~5.5 650 1.0 100 5.0 HVSOF5
※-40℃~+105℃対応で低温から高温保証のハイグレードシリーズもラインアップしています。

アプリケーション

  • デジタルスチルカメラ
  • カムコーダ
  • Bluetoothモジュール
  • 無線LANモジュール
  • センサモジュール
  • 携帯電話
  • ポータブルDVD
  • 携帯オーディオ
  • 電子辞書
  • 携帯テレビ
  • 電子楽器
  • ヘッドセット
  • ノートPC
  • コードレスフォン
  • カーナビ
  • 監視カメラ
  • 人感センサ etc.
アプリケーション


超小型CMOSオペアンプ以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿ったLSI製品開発を進めるとともに、
さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。
 

この製品についてのお問い合わせ