業界最小のリフレクタ付3色発光チップLEDを開発
高輝度、高混色性で、モバイル機器やアミューズメント機器の表現力アップに貢献

発表日:2012-04-06

製品写真

<要旨>

半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)はこのほど、モバイル機器やアミューズメント機器などの用途向けに、リフレクタ付3色発光タイプとしては、業界最小となる1.8×1.6mmの小型高輝度チップLED「MSL0301RGBW」「MSL0401RGBW」を開発しました。
3色発光タイプのLEDは光の3原色RGBそれぞれの発光素子を1パッケージに搭載したもので、白色をはじめフルカラーでの発光が可能です。
ロームでは、リフレクタ付タイプの高い集光性・輝度を保持したまま、業界最小サイズを達成。また発光素子の距離を近づけることにも成功し、表現力アップには欠かせない高い混色性も実現しました。これにより超精細でありながら、高輝度でのLEDマトリクスの生成も可能となり、アミューズメント機器における表現力アップに貢献します。 本製品は11月からサンプル出荷(サンプル価格50円/個)を開始しており、2012年5月から月産300万個の体制で量産を予定しています。生産拠点は、ROHM-Wako Electronics (Malaysia) Sdn. Bhd.(マレーシア)となっています。

※4月6日現在 ローム調べ

<特長>

1)発光素子の高密度化による高い混色性
リフレクタケース付で、横方向への光漏れがなく、
正面の光度を大きく向上。小型パッケージにより
素子同士の距離が短く、混色性も優れた製品です。
2)リフレクタ付3色発光タイプLEDとして業界最小
リフレクタ付チップLEDとしては業界最小クラスの
1816サイズで、実装面積も大幅に削減。
発光素子の高密度化による高い混色性 リフレクタ付3色発光タイプLEDとして業界最小
3)クラス最高輝度を実現
4)リフレクタとピン数の種類を2種類ずつ取り揃え、幅広いニーズに対応
「MSL0301RGBW」 : 4pin / 「MSL0401RGBW」 : 6pin

<背景>

近年、フルカラーでの多彩な表現が可能なLEDは、ライトアップやデザイン性が求められる各種サイン、デジタルサイネージなど、幅広い分野への展開が大きく期待されています。
ロームでは、これまでも超小型モールドタイプの「PICOLEDR-RGBシリーズ」や高輝度リフレクタ付タイプの「SRGBシリーズ」を提供し、携帯電話の文字やアミューズメント機器のキャラクター表現などに重宝されてきました。しかし、各種機器の小型化、高機能化が進むにつれ、更なる表現力アップのため、より高輝度で混色性の高い小型3色発光LEDの開発が望まれていました。

<新製品の詳細>

今回ロームが開発した「MSL0301/0401RGBW」は、「PICOLED®」シリーズで培った小型化技術を駆使し、リフレクタ付タイプの高い集光性・輝度を保持したまま、業界最小サイズとなる1.8×1.6mmを達成。独自の配線パターンにより発光素子の距離を近づけることに成功し、表現力アップには欠かせない高い混色性も実現しました。

ロームでは、得意のパッケージ技術を活かした小型LED製品のラインアップを拡充しております。また、上質な光で表現力豊かな演出を可能にするロームのLEDはライトアップなど大型の施設でも数多く使用いただいています。今後も、モバイル機器からライトアップまで、さまざまなニーズに応えるLED製品ラインアップの拡充を進めてまいります。

<仕様>

品名 素子
材質
発光色 絶対最大定格 (Ta=25℃) 電気的光学的特性 (Ta=25℃)
許容損失
PD
(mW)
順方向
電流
IF
(mA)
順方向電流
IFP
(mA)
逆方向
電圧
VR
(V)
動作温度
Topr
(℃)
保存温度
Tstg
(℃)
順方向
電圧
VF
逆方向
電流
IR
発光波長
λD
光度
IV
Typ.
(V)
IF
(mA)
Max.
(µA)
VR
(V)
Min.*2
(nm)
Typ.
(nm)
Max.*2
(nm)
IF
(mA)
Min.
(mcd)
Typ.
(mcd)
IF
(mA)
MSL0301RGBW
(4端子)
MSL0401RGBW
(6端子)
AlGaInP 104 40 100*1 5 -40

+85
-40

+100
2.1 20 10 5 618 624 630 20 220 400 20
InGaN 120 30 3.4 100 519 527 536 360 550
114 3.3 464 470 476 90 180
*1 : Duty1/5, 1kHz   *2 : 参考値

<<ご参考>>

イルミネーション、ライトアップ、LEDマトリクスなどでも活躍するロームの「リフレクタ付3色発光タイプLED」

品名 SMLV56 SMLV36 SMLW56
写真
サイズ 3.5x2.8(t=0.6) 3.5x2.8(t=0.6) 7.9x5.0(t=1.1)

ロームでは、今回の「MSL0301/0401RGBW」以外にもリフレクタ付き3色発光タイプのチップLEDを提供しています。
小型でありながら高輝度で高混色性を誇り、イルミネーションやライトアップ用途で細やかな色調整が可能なため、お客様にも喜んでいただいております。今回は、自社のイルミネーションを含む、採用例の一部を紹介します。
ロームは、1973年のLED発売以来、長年蓄積してきたLEDの技術を活かしたライトアップが大阪や京都をはじめ、世界のさまざまな場所で光り輝き、美しい都市空間づくりに貢献できることを期待しています。

【採用例】

ローム京都駅前ビルのライトアップ 「京の光暦(ひかりごよみ)」

全館で自社製のLED照明を使用する等、2010年に全面リニューアルした京都駅前ビルで実施しているライトアップ。ビル正面の壁面にローム製フルカラーLEDや色温度の微調整が可能なLEDモジュールを縦横に組み合わせて設置し、障子を通したような優しく柔らかな光を実現しました。季節に合わせて色温度を微妙に調整することにより、日本の繊細な季節感を表現し、京都の街並に調和するデザインとなっています。
なお、「京の光暦(ひかりごよみ)」と名付けたライトアップのデザインは照明デザイナーの石井幹子氏によるもので、「日本の文化」と「京都の伝統」をイメージしています。(ご参照サイト)
(「光暦(ひかりごよみ)」は石井幹子デザイン事務所の登録商標です)


●採用製品:SMLV56、SMLW56ほか
ローム京都駅前ビルのライトアップ 点灯イメージ
点灯イメージ

大阪・通天閣ネオン(日立製作所 様)

通天閣は、通天閣観光株式会社が運営する大阪のシンボルといえる施設で1956年に再建されました。通天閣ネオンは、1957年から日立製作所様が掲出されているもので、5~6年のサイクルでリニューアルを実施されてきました。このたび12回目のリニューアルにあたり、ネオン管の大部分をLEDに切り替えられ、消費電力を約半分に低減するとともにフルカラーLEDの採用で多彩な色を駆使したライトアップを目指されます。このLEDの一部にロームのチップLED「SMLV56」を約40,000個採用いただきました。
●採用製品:SMLV56

大阪・通天閣ネオン(日立製作所 様)
中国・清華大学 「清華ローム電子工程館」

ロームと中国・清華大学は、2006年より包括的産学連携契約を締結し、さまざまな共同研究を行ってきました。
2011年4月には、清華大学の創立100周年記念にあわせて「清華ローム電子工程館」を竣工。地下3階、地上11階 延べ床面積約33,000m2の規模を持ち、清華大学電子工学部の研究施設や教室として活用されるほか、ロームと清華大学との共同研究スペース、国際交流センター、学会などの学術発表や各種イベントを開催できるホールなど、充実した施設を持ち、清華大学における学術研究のみならず、学外の企業・大学・研究所などとも広く連携できる場として活用、世界的な先端技術情報発信の拠点となることが期待されています。
同館の1階エントランスに設置された巨大LEDドットマトリクス(5.76m×1.92m)には、32万2000個ものチップLEDが採用されています。高精細の表示が可能なため、各種イベントの告知のほか、学校紹介映像の上映などにも活用される予定です。


●採用製品:SMLV36
中国・清華大学 清華ローム電子工程館

中国・清華大学 清華ローム電子工程館
この製品についてのお問い合わせ