ロームが中国・西安交通大学との産学連携を強化!
西安交通大学にて「ロームフェア」を開催
常務取締役 研究開発本部長 高須秀視が客員教授に就任

発表日:2011-09-30

 

半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)はこのほど、中国・西安交通大学にて「ロームフェア」を開催しました。また、常務取締役 研開発本部長 高須秀視が、西安交通大学の客員教授に就任することになり、西安交通大学にて就任式及び高須による講演が実施されました。
「ロームフェア」では、西安交通大学の教授、学生向けにロームの製品・技術のパネル展示及び会社紹介を実施しました。西安は中国におけるパワーエレクトロニクスの集積地であり、西安交通大学をはじめパワー系の専攻が充実している大学が数多くあります。ロームでは近年、海外市場における売上アップ及びシェア拡大を目指し、海外の営業・技術サポート拠点の拡充や、グローバル人材の採用に力を入れており、今回の西安交通大学での「ロームフェア」がロームの認知度のアップ、優秀な人材の獲得につながることを期待しています。
ロームと西安交通大学は、2009年より、多角的な分野での連携を視野に協議を進め、パワーデバイスに関する共同研究が始動するなど、積極的な産学連携を行なってきましたが、今回、西安交通大学の鄭南寧学長から要請を受け、高須が客員教授に就任することとなりました。高須の中国の大学での客員教授への就任は清華大学、浙江大学に続く3校目となります。ロームでは、今回の高須の客員教授就任により、ロームと西安交通大学との間で進める共同研究のレベルアップと、より一層の連携強化につながるものと期待しています。就任式の詳細は以下の通りです。

 

開催場所

西安交通大学 科学館 1階 101会議室

 

開催スケジュール: 2011年9月20日(火) 9:30~11:15

9:30~9:40 出席者紹介、高須の経歴紹介
9:40~9:45 証書の授与、写真撮影
9:45~11:00 高須の挨拶、講演
11:00~11:15 学生代表より花束贈呈

 

 

主な出席者

ローム株式会社 常務取締役 研究開発本部長  高須秀視
西安交通大学 副学長  蒋庄德
  電気学院常務副院長 容命哲
  国際交流所所長 梁莉

 

 

 

  ロームフェアの様子
 
ロームフェアの様子 

 

 

  (左)ローム株式会社 常務取締役 研究開発本部長 高須秀視  (右)西安交通大学 鄭南寧学長
 
(左)ローム株式会社 常務取締役 研究開発本部長 高須秀視  (右)西安交通大学 鄭南寧学長

 

 

  (奥)ローム株式会社 常務取締役 研究開発本部長 高須秀視  (手前)西安交通大学 鄭南寧学長
 
(奥)ローム株式会社 常務取締役 研究開発本部長 高須秀視  (手前)西安交通大学 鄭南寧学長

 

 

この製品についてのお問い合わせ