IEEE802.11b/g/n準拠ベースバンドプロセッサ搭載
無線LANモジュールをロームが開発

発表日:2011-05-10
 

製品写真(BP3580,BP3591)半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)はこのほど、自社のIEEE802.11b/g/n準拠のベースバンド/MAC LSI「BU1805GU」を搭載した、組み込み用途に最適な2.4GHz帯無線LANモジュール「BP3580/BP3591」を開発しました。この無線LANモジュールは、RF部分を含め完全に調整されたモジュールとなっており、基本的な無線LAN通信機能のみならず、認証や暗号化といった、通常ホスト側に搭載されるサプリカントやWPS(Wi-Fi Protected SetUp)も全てモジュール側に搭載したモジュールとなっています。 更にTCP/IPプロトコルスタックまでモジュール側に内蔵したモデルもラインアップし、これによりネットワーク処理の全てをモジュール任せに出来るので、ホストのリソース不足のため無線LAN搭載が困難であった白物家電や健康機器等にも容易に無線LAN搭載が可能となります。また、今回の新製品は面実装タイプ「BP3580」に加え、コネクタ接続のアンテナ内蔵タイプ「BP3591」もラインアップしました。アンテナを内蔵することで、お客様は高度なノウハウを必要とする高周波設計が一切不要となり、さらに国内電波法認証も取得済みのため、セットに組み込んですぐに無線設備として利用できます。この新製品は、2011年6月からサンプル出荷(サンプル価格:10,000円)を開始し、9月から当面月産10万台規模で量産を開始する予定です。生産は、ローム・アポロ株式会社(福岡県)、ROHM Electronics Dailan Co., Ltd. (中国・大連)で行う予定です。

無線LANはこれまでPC市場を中心に普及してきましたが、近年はスマートフォンや家電製品、AV機器など、従来にない新しいセットへの搭載が進み、市場が急速に拡大しています。
セットに無線LAN機能を搭載する際、従来の無線LANモジュールでは、無線LAN規格準拠処理の一部をホスト側に用意する必要があり、さらに煩雑な無線LANデバイスドライバを作成する必要があるなど、開発に多大なコストや時間が必要となっていました。また、アンテナ設計や、電波法の認証等、無線特有の技術・手続きが必要となり、無線LAN環境導入の大きな障害となっていました。ロームが今回開発した新製品は、無線LAN通信に必要なサプリカントをモジュール側に内蔵するため、ホストの負担を大幅に軽減できます。またTCP/IPスタック内蔵版であれば、ネットワーク処理の全てをモジュール任せにできるため、無線LANデバイスドライバの開発も不要となり、無線LAN導入時のコストや時間を大幅に削減できます。さらに、「BP3591」であればアンテナ内蔵で電波法認証済みのため、セットに組み込むだけで簡単に無線LAN環境が構築できます。

ロームの無線LANモジュールは、ベースバンドICからモジュール化まで一貫して内製で行うことにより、他社には無い、ハード面からソフト面まで充実したサポートが可能です。今後は、兼ねてから要望が多かったアクセスポイント機能やWi-Fi Direct機能などの新機能を追加するなど、お客様のニーズに柔軟に対応できるロームの強みを発揮し、更なる機能面の充実化を図ってまいります。
 

■無線LANモジュール「BP3580/BP3591」の主な特長

  1. IEEE802.11b/g/n [20MHz, 1×1]準拠
  2. 豊富なホストインターフェース(USB2.0, SDIO,UART)
  3. WPA-PSK,WPA2-PSK,WPS等無線LAN規格準拠処理を全てモジュールで処理
  4. TCP/IPプロトコルスタック内蔵版もラインナップ
  5. 広範な動作温度範囲(-40~+85℃)
  6. 単一3.3V電圧駆動
  7. アンテナダイバシティ対応
  8. アンテナ内蔵で国内電波法認証済み(BP3591)

 

ソフトウェアスタック比較

  ソフトウェアスタック比較

 

 

用語説明

  1. プロトコル
    ネットワークを介して機器同士で通信を行う上で、相互に決められた約束事の集合。通信手順や通信規約とも呼ばれる。
  2. 無線LAN
    無線通信でデータを通信するLANのこと。特にIEEE802.11諸規格に準拠した機器で構成されているネットワークのことを 示す場合が多い。各端末には無線LANカードが必要で、『アクセスポイント』と呼ばれる中継機器を経由して行う通信(インフラストラクチャー通信)とアクセスポイントを介さず無線LANカード同士が直接行う通信(アドホック通信)とがある。
  3. ファームウェア
    ファームウェアは電子機器を制御する為の基本的なソフトウェアで、機器に搭載された不揮発性メモリに格納されている。最近では新しい機能の追加や不具合を修正するため、新しいファームウェアをインターネットなどを通じて配布することがある。

 

 

この製品についてのお問い合わせ