ローム、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームのオフィシャル・テクノロジー・パートナーに
SiCパワーデバイスの提供により、マシン性能の劇的な向上に貢献

2016年10月11日

Photo - 1

ローム株式会社(本社:京都市)は、FIAフォーミュラE選手権に参戦するヴェンチュリー・フォーミュラEチーム(Venturi Formula E Team)と3年間のテクノロジー・パートナーシップ契約を締結しました。

10月9日に開幕したシーズン3より、マシン駆動の中核を担うインバータ部分に世界最先端のパワー半導体:シリコンカーバイド( SiC:炭化ケイ素)パワーデバイスを提供し、マシンの小型・軽量化、高効率化をサポートします。

SiCパワーデバイスは、従来のSi (シリコン) パワーデバイスに比べて、劇的な低損失化を実現する半導体として、自動車をはじめ、インフラ、環境/エネルギー、産業機器分野で大きな期待が寄せられています。

ロームは、2010年に世界で初めてSiC-MOSFETの量産を開始するなど、SiCパワーデバイスのリーディングカンパニーとして、世界最先端の開発を進めてきました。自動車分野では、既に急速充電用のオンボードチャージャーで圧倒的なシェアを誇り、電気自動車 (EV) のモータやインバータでの採用も加速しています。

電気自動車の革新の舞台として、世界中のモータースポーツファンを魅了し続けるフォーミュラE。従来のモーターカーレースと大きく違うのは、パワーマネジメント能力の重要性であり、バッテリーに蓄えた電力をいかに効率よく活用するかが勝敗を左右します。

自動車分野のパワーマネジメント技術において高い実績を誇り、高効率化のカギを握るSiCのリーディングカンパニーでもあるロームに対して、ヴェンチュリーも大きな期待を寄せています。

ロームは、フォーミュラEや電気自動車、そして社会の発展に貢献すべく、パワー半導体の技術革新をより一層進めてまいります。

wafer

<両社からのコメント>

Franck Baldet, CTO, Venturi Formula E Team

「フォーミュラEの本質は、パワーマネジメントに尽きます。SiCパワーデバイスの領域におけるリーディングカンパニーであるロームとのパートナーシップによって、我々のマシンの全ての電気系統が進化し、そしてモータをさらに加速することができるのです。」

ローム株式会社 取締役 ディスクリート生産本部長 兼 モジュール生産本部担当 東 克己

「フォーミュラEのレーシングマシンに技術協力として貢献することを喜ばしく思います。サーキットにおいて我々の製品の品質や効率が証明されることを期待しています。
近い将来、ハイブリッド車や電気自動車においてSiCパワーデバイスがさらに活躍の場が増えてくるでしょう。多様な産業、そして社会のより広い領域に対して、より経済的な技術を実現していくことで、エネルギー政策の転換において重要な役割を担うことを願っています。」

<SiCパワーデバイスの効果>

シーズン3に向けて、ロームのSiCショットキーバリアダイオードがインバータ部分に搭載され、シーズン2で使用していたインバータと比較して効率が1.7%改善、2kgの小型化を達成しました。さらに放熱系の小型・軽量化によりインバータの体積は30%小型化しています。

シーズン4にはSiC-MOSFETもインバータに導入される予定で、さらなる劇的な改善が見込まれています。

<フォーミュラEについて>

自動車レースの最高峰「フォーミュラ1世界選手権 (F1)」や「世界ラリー選手権 (WRC)」などを主催する、国際自動車連盟 (FIA) が2014年より開催している、電気自動車による世界初のフォーミュラカーレース。電気自動車の研究開発の試験場として、さらには電気自動車への社会の興味を促進することを目標にしています。

全て電気による駆動を実現しているため、ガソリンエンジンなどを利用する既存のモータースポーツと比べると駆動音はとても静かで、走行中は排気ガスを放出しません。その特徴から、レースはすべて市街地の公道コースで開催されています。シーズン3は2016年10月に香港で開幕し、マラケシュ、ブエノスアイレス、メキシコシティ、モナコ、パリ、ベルリン、ブリュッセル、モントリオール、ニューヨークなど、合計10か所で開催される予定です。

<VenturiフォーミュラEチームについて>

ヴェンチュリー・オートモービル (Venturi Automobiles) はモナコに本拠を置く少量生産の自動車メーカーで、1999年にギルド・パランカ・パストール氏がオーナーとなって以来、完全電動化にこだわってきました。ヴェンチュリーは、完全に電動化されたパワートレイン搭載車両の現在の最高速度記録を保持しており、電気自動車で数多くの記録を打ち立てた世界的なパイオニアです。2013年12月に創設されたヴェンチュリー・フォーミュラEチームは、フォーミュラE選手権の初開催時にFIAよりライセンスを授与された参加10チームのうちのひとつです。

10/8記者会見の様子 10/8記者会見の様子
この件に関するお問い合わせはこちら