世界最小、車載LDOレギュレータ「BUxxJA2MNVX-Cシリーズ」を開発
高信頼の1mm角サイズが、ADASなど先進安全システムの進化に貢献

2016年4月15日

※2016年4月15日現在ローム調べ

<要旨>

package

ローム株式会社(本社:京都市)は、ADAS(先進運転支援システム)のセンサやカメラ、レーダーなど、信頼性と小型化が要求される自動車の安全用モジュールに向けて、世界最小の車載LDOレギュレータ*1「BUxxJA2MNVX-C シリーズ」を開発しました。

「BUxxJA2MNVX-C シリーズ」は、ロームの一貫生産体制により培われた、アナログ設計技術、プロセス製造技術、パッケージ製造技術の全てを駆使して車載ICでの世界最小化を実現しています。

高い信頼性が要求される車載電源ICで、1mm角モールドパッケージを実現しており、市場流通品(以下、従来品)の1.5mm角に対して実装面積を55%削減することが可能です。同時に、消費電流と応答特性でも従来品の半分の値(消費電流 35µA、負荷変動 65mV)を実現し、実装面積と性能で車載安全用モジュールの進化に貢献します。さらに、従来は1.0µF必要とされていた発振防止用外付けコンデンサを最小で0.22µFと小型にできるため、実装面積のさらなる削減も可能です。

なお、本製品は2016年2月より随時サンプルを出荷(サンプル価格200円/個:税抜)しており、2016年8月から当面月産10万個の体制で量産を開始する予定です。生産拠点は前工程がローム・アポロ株式会社(福岡県)、後工程がROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd.(タイ)となります。

ロームは今後も車載向けに、高信頼・高性能を追求した電源ICを開発し、社会の省エネと安全に貢献していきます。

<背景>

近年、自動車の事故防止対策や自動運転化が進むにつれて、先進安全システムの高機能化への要求がますます高まっています。それに伴い、センサやカメラモジュールの搭載部品点数が大幅に増えつつありますが、一方で自動車の軽量化とデザイン性向上のために、モジュールを小さくすることも求められます。

ところが、電源ICにおいて小型化と信頼性の両立は難しく、チップやパッケージの極小化を行い、自動車の温度やノイズが厳しい環境下で使用する場合、信頼性の課題から1.5mm角モールドパッケージまでが限界とされていました。

ロームは、一貫生産体制で長年培ってきた設計・製造技術をフル活用することで、この課題をクリア。車載標準のAEC-Q100にも対応する1mm角モールドパッケージの世界最小車載LDOレギュレータを開発しています。

従来品(1.5x1.5mm)とローム製品(1.0x1.0mm) 車載IC世界最小/良特性/高信頼性

<特長>

1. 1mm角の世界最小車載LDOレギュレータ

新製品は、ロームが長年培ってきたアナログ設計技術とプロセス製造技術、パッケージ製造技術を駆使して開発されています。要求特性を満たしながら、車載LDOレギュレータとしては世界最小の1mm角を実現し、従来品の1.5mm角に対して実装面積を55%削減することが可能です。車載対応品として高い信頼性を確保しており、AEC-Q100にも対応しているため、自動車など温度やノイズが厳しい環境下でも気にせずに使用することができます。

2. 背反する低消費電流と応答特性を両立

ICの極小化を目指す場合、回路規模が大きくなる高抵抗を使うことができないことから、回路電流は増大する傾向にあります。その上で、電源ICに求められる低消費電流化と応答特性向上(出力電圧の低負荷変動)を両立しなければなりません。
新製品は、基準電圧回路や増幅回路などに独自の回路技術を施し、従来品の半分となる低消費電流35µAと良応答特性(負荷変動 65mV)の両立を実現しています。

消費電流グラフと出力電流変動時の応答特性

3.最小0.22µFの外付けコンデンサでも安定動作を実現

電源ICには、入力変動時の出力電圧変動対策・発振対策に外付けコンデンサが必要です。
従来品が1.0µFの容量を必要とするのに対し、新製品は最小0.22µFの容量で安定した電圧を出力すること可能です。
コンデンサを小さくすることで、実装面積のさらなる削減が可能です。

<ラインナップ>

品番 入力電圧
[V]
出力電圧
[V]
出力電圧精度
[%]
出力電流
[mA](Max.)
回路電流
[µA](Typ.)
温度範囲
[°C ]
パッケージ
(W×D×H)[mm]
BUxxJA2MNVX-C 1.7~6.0 1.0/1.2/1.25/1.5/1.8/
2.5/2.8/2.85/3.0/3.3
±2 200 35 -40~125 SSON004R1010
(1.0×1.0×0.6)
BUxxJA2VG-C SSOP5
(2.9×2.8×1.25)

※出力電圧によって品番の"xx"が決定します。(例:1.0V=BU10JA~, 1.25V=BU1CJA~, 2.85V=BU2JJA~ など)

<アプリケーション>

◇ ADASのセンサ、カメラ、レーダー
◇ドライブレコーダー

など自動車で小型化が要求されるアプリケーション

<用語説明>

*1) LDOレギュレータ (Low Drop Out レギュレータ / 低飽和レギュレータ)
入力と出力の電圧差が低く、リニアレギュレータ(入出力電圧が線形動作する)と言われる区分の電源ICに該当する。 DC/DCなどのスイッチングレギュレータと比較して、回路構成が簡単でノイズが少ないなどの特長を持つ。
この件に関するお問い合わせはこちら