世界初 ローム製 特定小電力無線通信モジュールが
「Wi-SUN Profile for Echonet Single-Hop HAN」の認証を取得

2015年11月27日

※2015年11月27日現在ローム調べ

<要旨>

Module

ローム株式会社(本社:京都市)の特定小電力無線通信モジュールが国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」の新たな規格「Wi-SUN Profile for Echonet Single-Hop HAN」(以下、Wi-SUN HAN)の認証を世界で初めて取得しました。
「Wi-SUN HAN」は、Wi-SUNアライアンスが新たに策定したHAN(Home Area Network)向けの無線規格で、スマートコミュニティ構築に欠かせないHEMSコントローラやエアコン、照明などのHEMS機器に最適です。従来の「Wi-SUN Echonet Profile」規格がBルートと呼ばれるスマートメーターとHEMSコントローラをつなぐ1対1の通信に対し、「Wi-SUN HAN」はHEMSコントローラと各家電製品をつなぐ1対多の通信が可能となります。
ロームでは、かねてより「Wi-SUN」規格の汎用無線通信モジュールを開発・量産しておりましたが、今回新たに「Wi-SUN HAN」に対応したソフトウェアを開発し、「Wi-SUN HAN」の認証取得、並びに、CTBU(Certified Test Bed Unit)認証を取得いたしました。

<背景>

「Wi-SUN」は、スマートコミュニティ構築に最適な国際無線通信規格として推進されています。近年では、経済産業省の大規模HEMS実証実験や2016年からはじまる電力の小売り自由化、2017年のガス自由化によりHEMS市場が活況しており、Wi-SUNはさらに今後の普及に期待が高まっています。
一方、HAN側の通信においては、これまでSub-GHz帯や無線LAN、Bluetoothなど様々な無線通信が使用されていました。しかし、スマートメーターとHEMSコントローラ間(Bルート)の無線通信にWi-SUNを採用することを各電力会社が決定していることから、HAN側でも同様にWi-SUNを採用する動きが高まってきています。
こうした中、ロームは、従来からアンテナ内蔵で電波法認証取得済み、ファームウェア搭載済みなど、導入が難しいとされる無線通信の課題を解決するモジュールを開発しており、今回も同じコンセプトでWi-SUNのHANに対応するソフトウェアを開発しました。今後は、まず同ソフトウェアの提供を開始し、2016年1月に汎用無線通信モジュールとして量産・販売を開始する予定です。

Home Area Network

<Wi-SUNとWi-Fiの違い>

Wi-SUN(BP35A1採用時)とWi-Fiの階層比較

Wi-SUN(BP35A1採用時)とWi-Fiの階層比較

Wi-SUN(920MHz帯)とWi-Fi(2.4GHz帯)の比較

Wi-SUN(920MHz帯)とWi-Fi(2.4GHz帯)の比較

<用語説明>

・国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」
特定小電力無線やSub-GHz(サブギガヘルツ)といわれる無線周波数帯を使用する無線通信規格のこと。日本では、920MHz帯に相当し、スマートメーターや交通インフラ、農業など幅広い分野での採用が期待されている。

・HAN(Home Area Network)
HEMSコントローラとエアコン、照明などのHEMS機器をつなぐネットワークのことで、現在有線通信や無線通信などさまざまな通信技術が使用されている。

・Wi-SUN Profile for Echonet Single-hop HAN
Wi-SUNアライアンスが新たに策定したHAN向けの無線通信規格。HEMSコントローラーと各家電をつなぐ1対多の通信が可能。

・Wi-SUN Echonet Plofile
Wi-SUNアライアンスが策定した無線通信規格。Bルートと呼ばれるスマートメーターとHEMSコントローラーをつなぐ1対1の通信が可能。

・ECHONET Lite
エコネットコンソーシアムが策定した家電などの制御や電力消費量の把握をネットワーク経由で行う通信規格のこと。

・CTBU(Certified Test Bed Unit)
Wi-SUNアライアンスが認めた参照標準となるWi-SUN無線機のこと。

・M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)
M2Mはマシンツーマシンのことで、PCやサーバーにかぎらない電子機器と電子機器が相互に通信を行う形態。IoTは日本においてモノのインターネットと言われ、IT機器以外の電子機器がインターネットに接続されることを指す。これら2つにより、家電のみならずメディカル・ヘルスケア、インフラ、産業機器など様々な分野で大きな市場が形成されることが期待されている。

この件についてのお問い合わせ