EnOcean製品のご紹介電池レス・配線レスの通信規格"EnOcean"センサ対応
「見守りIoTシステム開発キット」販売開始

2015年11月12日

コアスタッフ株式会社(本社:東京都、代表取締役:戸沢 正紀、以下「コアスタッフ」)とローム株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:澤村 諭、以下「ローム」)は、コアスタッフが販売する見守りIoTシステム開発キット「CS-AIOT-MIMAMORI-KIT」に、電池レスかつ配線レスの無線通信規格「(*1)EnOcean」に対応したセンサを標準搭載する事で合意しました。

同キットは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)市場の中でも重要性の増している、見守りアプリケーションの開発を容易に出来る開発キットです。EnOcean通信規格に準拠した温湿度センサ・人感センサ・開閉センサ情報を、IoT向けゲートウェイ「Armadillo-IoT」(以下「Armadillo」、(*2)アットマークテクノ製)を介してモニタリングできるシステムです。無線LANや有線LAN、3G回線を通じてインターネット接続を行い、クラウドサーバーを経由したモニタリングが可能です。モニタリングは、デスクトップPC、タブレットPC、スマートフォン等の端末のブラウザから 専用のウェブサイトにアクセスし、リアルタイムに状況を3D表示で見ることが可能です。webブラウザ上で時系列 データをグラフ で直接確認する事や、ExcelやCSV形式などの表データファイルとしてダウンロードする事も可能になります。

これらの標準的なセンサを搭載したソリューション(ゲートウェイ, 各種センサ、クラウドサービス)をワンパッケージで提供する事で、見守りに関するセンシングをすぐにお試し頂く事が可能になり、センサの設置場所やセンサ情報をどのようなサービスにつなげるかなど、お客様のアプリケーション開発やサービス開発をサポートします。尚、ソフトウェア開発・クラウド事業者様向けにゲートウェイとEnOceanセンサのハードウェアのみの販売もオプション対応致します。

コアスタッフとロームはソリューション提供を行う事を通して、今後も、お客様のアプリケーション開発やサービス開発を迅速にサポート出来るように努めて参ります。

見守りIoTシステム開発キット「CS-AIOT-MIMAMORI-KIT」

■セット内容(EnOcean見守り開発キット、型番: CS-AIOT-MIMAMORI-KIT)

・Armadillo-IoT開発セット(※無線LANモジュール付/3Gモジュール付)
・Armadillo-IoT用EnOceanアドオンモジュール
・EnOcean通信対応センサセット(人感センサ、温湿度センサ、開閉センサ)
・専用クラウドWebサービス(12ヶ月)
価格:398,000円(税抜) ※タブレット、スマートフォンは開発キットに含まれておりません。

■セット内容(ハードウェアオプション、型番: CS-AIOT-MIMAMORI-KIT-HW)

・Armadillo-IoT開発セット(※無線LANモジュール付/3Gモジュール付)
・Armadillo-IoT用EnOceanアドオンモジュール
・EnOcean通信対応センサセット(人感センサ、温湿度センサ、開閉センサ)
価格:98,000円(税抜)  ※タブレット、スマートフォンは開発キットに含まれておりません。

販売窓口:コアスタッフ株式会社 (担当:プロダクト部 モジュールビジネス課 山中)
TEL:03-5954-1370   FAX:03-5954-1363   E-mail:module@corestaff.co.jp
オンラインショップ: http://www.zaikostore.com/zaikostore/itstoreTop

(*1)EnOceanについて

「EnOcean(エンオーシャン)」は、光や温度、振動などの微弱なエネルギーを集めて電気エネルギーに変換する 「エネルギーハーベスト技術(環境発電技術)」を使用した、電池不要の無線通信規格です。
電池交換不要・配線不要の特長を生かし、特にスマートホームやビルオートメーション分野で急速に普及が進んでおり、 先行して導入が進んでいる欧州ではビルや工場などの照明システムやセンサネットワークとして40万棟以上の採用実績があります。

■コアスタッフ株式会社について

コアスタッフは2000年に設立され半導体・電子部品の輸出入及び販売、各種ボード・モジュール製品の販売を行っております。 いずれもオンラインでの販売も行っており半導体・電子部品のオンラインショップ「ザイコストア」モジュール製品販売のオンラインショップ 「ITstore」を展開しています。
EnOceanの各種製品については2014年からロームより供給を受けており、2015年に「エンオーシャンアライアンス」準会員となっております。

詳細は、http://www.corestaff.co.jp/をご覧ください。

■ローム株式会社について

ロームは、1958年(昭和33年)設立の半導体・電子部品メーカーです。 自動車・産業機器のほか、民生・通信など多様な市場に対し、品質と信頼性に優れたLSIやディスクリート、電子部品を供給するとともに、 システム全体を最適化するソリューション提案を行っています。
また、豊富なセンサ群と得意とする無線通信技術を組み合わせたセンサネットワーク構築に取り組み、2012年10月には、 アジア企業として初めて次世代無線通信規格推進団体「エンオーシャンアライアンス」の主幹メンバーに就任。 HEMS、BEMSなど新市場への展開・普及を図っています。

詳細は、http://www.rohm.co.jp/をご参照ください。

 

(*2)株式会社アットマークテクノについて

アットマークテクノは、札幌に本社を構える組込みプラットフォームの開発メーカーです。 ARM搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo」、FPGA搭載「SUZAKU(朱雀)」の2ブランドを展開し、 いずれも試作から量産までそのまま使用することができます。

詳細は、http://www.atmark-techno.com/をご覧ください。

<関連情報>

この件についてのお問い合わせ