コンチネンタルAG社様の2014年度優秀サプライヤー表彰において、
「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞

2015年9月9日

受賞の様子

左から Elena Rasmussen, Global Category Manager Discretes,
ROHM Semiconductor GmbH
Kai-Uwe Brinkmann, Clustermanager Electronics, ROHM Semiconductor GmbH
Christian André, President ROHM Semiconductor GmbH
Masaki Sakai, Director, Member of the Board, Overseas Sales Headquarters,
ROHM Co., Ltd.
Dr. Elmar Degenhart, Vorstandsvorsitzender der Continental AG
Günter Fella, Einkaufsleiter von Continental Automotive
Sigrid Sporbert, Leiterin Supplier Quality Management Continental Automotive
Jürgen Braunstetter, Leiter Supply Chain Management Continental Automotive

賞状とトロフィー

ローム株式会社は、コンチネンタルAG社様の2014年優秀サプライヤー表彰において、ディスクリートおよびスタンダードIC部門で「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー2014」を受賞しました。

コンチネンタルAG社様では、昨年、グループ全体で世界4000社以上のサプライヤーから、総額約122億ユーロにのぼる原材料や部品、サービスを購入されており、自動車のサプライヤー業界においてリーディングカンパニーになることを目指されています。

こうした中、コンチネンタルAG社様は、自社で定める一定基準を満たした戦略的サプライヤー900社に対して、品質や技術、物流、コストなどあらゆる面で総合的に評価を行い、毎年、優秀サプライヤーを表彰されています。2014年度は、15社が優秀サプライヤーに選ばれました。
授賞式では、コンチネンタルAG社様のエルマー・デーゲンハート氏が、「我々は、世界中のサプライヤーの皆様と密接かつ信頼な関係を築き、この「サプライヤー賞」が各企業の目指すべき基準となることを目標としています。」と述べられました。 

ローム株式会社 取締役兼海外営業本部長 阪井正樹は、受賞の際に「今回の受賞はロームが1958年の創業以来掲げている品質第一の企業姿勢を評価頂いた結果と考えています。今後もより一層、高品質かつ高性能な製品や最高のサービスを提供してまいります。」と喜びを語りました。