ロームが高専ロボコンに新規協賛
高専生へ自社部品を無償提供開始

2015年5月18日

ローム株式会社(本社:京都市)は、NHK他が主催する「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2015」に新規協賛いたします。 また、高専ロボコンに参加する日本全国の各高等専門学校57校(124チーム)に対し、ロボット製作に役立てていただく為、自社製品約2万円を無償提供します。抵抗器やトランジスタ、ダイオードからモジュール等、幅広いローム製品の中から自由に選んでいただける様にすることで、学生による部品選択の幅が広がります。

ロームは、エンジニアを志す若い人たちをサポートする為、2012年から学生向けに様々な活動を行ってきました。今後は高専ロボコンの協賛を通して、10代・20代の未来を担うエンジニアを応援する取り組みをさらに強化していきます。

開始年月 活動内容
2012年10月 「学生のための技術セミナー in CEATEC」の独自開催
2013年6月 ABU・大学ロボコン(現 学生ロボコン)への協賛開始
2014年5月 技術情報サイト「Device Plus(デバイスプラス)」の開設
2015年5月 アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2015への協賛開始

※<Device Plus(デバイスプラス)とは>
2014年5月に開設した、ロームが運営する技術情報サイトで、エレクトロニクス・メカトロニクスの未来を担う理系学生ならびに 若きエンジニアに向け、ものづくりを楽しむ記事を数多く掲載しています。学生ロボコン・高専ロボコンの試合速報及び会場レポートをはじめ、 人気のマイコンボード「Raspberry Pi」「Arduino」を使った電子工作や、理系マンガ家 見ル野栄司氏によるマンガ 「発明王!ミルノメーカー」等、が人気を牽引し、2015年4月の訪問者数は6万人を超えています。
デバイスプラス (http://deviceplus.jp/)

Device Plus

<高専ロボコンとは>
アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)は、若い人たちに、既成概念にとらわれず「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことの面白さを体験してもらい、発想する事の大切さ、物作りの素晴らしさを共有してもらう全国規模のイベントです。28年目となる今年の競技課題は、ロボットによる「輪投げ合戦」です。見ている人が驚くような独創的なアイデアを取り入れ、確かな技術力で正確に輪を投げ入れ続けることができる 「タフな」ロボットを目指し、「輪花繚乱(百花繚乱)」をテーマにフィールドに赤や青の輪を咲かせられるユニークなロボットが 数多く登場することが予想されます。
2015年 高専ロボコン公式HP
(http://official-robocon.com/jp/kosen/kosen2015/index.html)

10/4(日) 東海北陸地区大会
10/11(日) 北海道地区大会
10/11(日) 中国地区大会
10/18(日) 近畿地区大会
10/18(日) 九州沖縄地区大会
10/25(日) 東北地区大会
10/25(日) 四国地区大会
11/1(日) 関東甲信越地区大会
11/22(日) 全国大会
この件についてのお問い合わせ