ワイヤレス給電用チップセット「BD57015GWL / BD57020MWV」の製品情報を公開

WPC Qi(チー)規格 ミディアムパワー向けワイヤレス給電用チップセット

製品概要 |  特長1 |  特長2 |  特長3 |  関連情報

製品概要

BD57015GWLとBD57020MWVのパッケージ

電気製品から電源コードをなくすワイヤレス給電技術は、スマートフォン、モバイル機器向けにWPCのQi規格が立ち上がり、今後右肩上がりの市場拡大が期待されています。今までWPCのQi規格はローパワー(5W以下)のみでしたが、ミディアムパワー(15W以下)規格では、有線同等の電力で充電が可能となります。
BD57015GWL、BD57020MWVはそのWPC Qi規格ミディアムパワー向けに開発した受信・端末側制御IC(10W品)と送信・充電側制御IC(15W品)です。

特長1:WPC Qi規格ミディアムパワー向け

WPC Qi規格のミディアムパワー(15W以下)に準拠しており、10Wクラスのワイヤレス給電を実現します。もちろん、既存のローパワー(5W以下)との互換性も持っています。これにより、スマートフォンやタブレットPCなどのアプリケーションでは、従来規格より最大2倍の電流で端末を充電することが可能です。

ワイヤレス給電システム構成イメージ

【送信・充電側:BD57020MWV(送電電力15W)】

ラピスセミコンダクタ製マイコン(U8)との組み合わせにより、WPC Qi規格向けの送信機を構成

【受信・端末側:BD57015GWL(受電電力10W)】

・LDO出力電圧5~10Vまでステップで可変可能
・WPC Qi規格とPMA規格を自動検出

特長2:異物検出機能を標準搭載

FOD(異物検知機能)標準搭載

Qi規格にはFOD(異物検出機能)の搭載が義務付けられております。そのため、ミディアムパワー用FODを標準で搭載しており、 セット使用時の高い安全性を容易に実現できます。

特長3:受電はQi / PWAどちらも可能

さまざまな送信側規格に対応できるよう、受信・端末側は国際規格PMAにも対応しています。

Qiとは / PMAとは
QiとPWAどちらも受電可能

関連情報

ワイヤレス給電用チップセット 以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿った製品開発を進めるとともに、 さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この製品についてのお問い合わせ