ディスクリート製品の生産能力の強化を図るため、ロームグループ マレーシア工場に新棟を建設

2015年3月11日

ローム株式会社(本社:京都市)は、需要が拡大するダイオードなどディスクリート製品の生産能力強化のため、マレーシアの製造子会社であるROHM ‐ WAKO ELECTRONICS (MALAYSIA)SDN.BHD.(以下、RWEM)に新棟を建設することを決定いたしました。
新棟は、地上3階建てで、延べ床面積:38,250m²。現在、詳細設計を進めており、2015年7月より着工し、2016年8月に竣工する予定です。

ロームグループでは、これまで最先端かつ高効率の製造装置に更新することにより、生産能力の強化に取り組んでまいりましたが、さらなる需要拡大に備えるべく、RISTに引き続き、RWEMに新棟を建設し、生産能力の拡大を加速してまいります。
なお、新棟建設により、RWEMにおけるダイオードの生産能力は約2倍となります。

マレーシア工場 新棟完成予想図
<完成予想図>

<RWEM新棟 概要>

構造 地上3階 RC構造
建築面積 12,750m²
延床面積 38,250m²
着工 2015年7月
竣工 2016年8月(予定)

新棟は、LED照明や高効率の空調設備の導入などで省エネ化に努めるとともに、洪水対策など、万全のBCM(事業継続マネジメント)体制を整えております。

ロームグループでは、今後も市場の状況をとらえ、生産能力の強化を進めるとともに、多拠点生産体制や在庫管理、設備の防災化などを徹底し、お客様への安定供給に努めてまいります。

3/11(水)には、マレーシア政府主催の記者発表会が実施されました。

記者発表会の様子
<記者発表会の様子>

記者発表会の様子

左から

  • マレーシア投資開発庁(MIDA) CEO Azman Mahmud様
  • 在マレーシア日本国大使 宮川眞喜雄様
  • マレーシア通産省(MITI)大臣 Mustapa Mohamed様
  • ローム・ワコー株式会社 名誉会長 吉岡洋介