業界初スマートコミュニティ構築に最適な「Wi-SUN」対応の汎用無線通信モジュールを開発
アンテナ内蔵で電波法認証取得済み、ファームウェア搭載でらくらく導入

製品の詳細はこちら

2014年4月4日

<要旨>

国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」対応の汎用無線通信モジュール「BP35A1」 ※4月4日現在 ローム調べ

ローム株式会社(本社:京都市)は、M2MやIoT、スマートメーターを始めとするスマートコミュニティ構築に最適な国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」対応の汎用無線通信モジュール「BP35A1」を開発しました。
今回開発した「BP35A1」は、スマートメーターでのみ動作するような特定用途向けではなく、どんな機器にも「Wi-SUN」通信を実現可能な、業界初となる汎用無線通信モジュールです。
また、アンテナ内蔵で電波法認証も取得済み、HEMSに最適なファームウェアも搭載しており、簡単に通信機能を組み込むことができます。さらに、業界トップクラスの受信感度を達成し、無線特性にも優れたモジュールとなっています。
なお、本製品は、4月からサンプル出荷(サンプル価格:10,000円/個)を開始しており、8月より月産3万個の体制で量産を開始する予定です。生産拠点はROHM Electronics Dalian Co.,Ltd.(中国)となります。

<背景>

近年、あらゆる分野で省エネの意識が高まっており、各種インフラを効率的に使用するため、モニタリングを行い、制御・管理するシステムを活用したスマートコミュニティが注目されています。
こうした中、スマートコミュニティ構築に最適な国際無線通信規格として「Wi-SUN」の推進が進められています。Wi-SUNは、日本では特定小電力無線と呼ばれる920MHz帯に相当し、無線LAN(Wi-Fi)と比較して低消費電力でつながりやすいという利点から、スマートメーターや交通インフラなどのスマートコミュニティの他、M2MやIoT市場にも最適とされています。スマートメーターと宅内間の無線通信にWi-SUNを採用することを決定した電力会社も出てきており、今後の普及に期待が高まっています。

ロームは、従来からアンテナ内蔵で電波法認証取得済み、ファームウェア搭載済みなど、導入が難しいとされる無線通信の課題を解決するモジュールを開発しており、今回も同じコンセプトでWi-SUNに対応する汎用モジュールを開発しました。
また、グループ会社のラピスセミコンダクタでも、2014年1月に無線通信LSI「ML7396B」でWi-SUN PHY認証を取得し、世界初のWi-SUN Alliance認証製品となるなど、グループ全体で業界に先駆けて開発を進めています。

Wi-SUNを推奨するスマートメーターとHEMS間の通信だけなくHEMS対応機器との通信にも最適です。

<特長>

ブロック図 1. HEMSに最適なファームウェアを搭載
本モジュールは、32bitのハイパワーマイコンを採用することで、HEMSに最適なWi-SUN対応ファームウェアを搭載することができました。また、TTC標準JJ-300.10準拠の方式B(ZigBeeスタック)も準備中で、幅広いユーザーニーズ応えることが可能です。

外観 2.オールインワンモジュールで無線機能をらくらく導入
日本国内における特定小電力無線(920MHz帯)の電波法認証取得済みでアンテナも内蔵しているため、高周波設計が不要になり容易な導入を可能にします。また、UARTインターフェースを搭載しているため、ファームウェアと合わせて汎用性が高く非常に使いやすいモジュールとなっています。

3.ラピスセミコンダクタのML7396Bを採用し、業界トップクラスの受信感度を達成
無線の特性として一番重視される受信感度においては、業界トップクラスの-103dBm(100kbps、BER<0.1%)を実現。つながりやすい特定小電力無線の中で、さらに高い通信品質を可能にしました。

<Wi-SUNとWi-Fiの違いは?>

Wi-SUN(BP35A1採用時)とWi-Fiの階層比較

Wi-SUN(920MHz帯)とWi-SUN(2.4GHz帯)の比較

方式 周波数 通信速度 通信距離 消費電力
Wi-Fi(無線LAN) 2.4 GHz帯 (5GHz帯) 10 Mbps~ ~数100 m
Wi-SUN(特定小電力無線) 920 MHz帯 ~200 kbps ~1 km

<用語説明>

  1. 国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」
    特定小電力無線やSub-GHz(サブギガヘルツ)といわれる無線周波数帯を使用する無線通信規格のこと。日本では、920MHz帯に相当し、スマートメーターや交通インフラ、農業など幅広い分野での採用が期待されている。
  2. ECHONET Lite
    エコネットコンソーシアムが策定した家電などの制御や電力消費量の把握をネットワーク経由で行う通信規格のこと。
  3. M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)
    M2Mはマシンツーマシンのことで、PCやサーバーにかぎらない電子機器と電子機器が相互に通信を行う形態。
    IoTは日本においてモノのインターネットと言われ、IT機器以外の電子機器がインターネットに接続されることを指す。
    これら2つにより、家電のみならずメディカル・ヘルスケア、インフラ、産業機器など様々な分野で大きな市場が形成されることが期待されている。

この製品についてのお問い合わせ