カーAV向けサウンドプロセッサ
BD37033FV,BD37034FV,BD37068FV

高音質・高品位を実現!ロームのサウンドプロセッサ

製品概要 | 特長1 | 特長2 | 特長3 | 特長4 | ラインアップ  | 関連情報

製品概要

EVやHEVの普及により車内もより静かになり、カーAV機器の音質へのこだわり要求がさらに高くなっています。
ロームのサウンドプロセッサは蓄積されたアナログ技術を駆使し、低雑音、低歪率を実現、システムの高音質化に貢献。
アドバンスド・スイッチ技術による音量音質調整時に発生するポップ音を大幅軽減すると共に、業界初のモバイルフォン着信時に発生する不快な飛び込みノイズ音の大幅軽減にも成功。
BD37034FVではセットの電源OFF時音漏れ防止機能も搭載してカーAVの更なる高音質・高品位化に対応します。

RLD63NZC5シリーズ

特長1:歪,雑音対策は万全!

長年培ってきた技術で、シミュレーションでは再現できない領域の 歪率と、ノイズ(雑音)を低減することに成功!高音質化に大きく貢献します。

歪,雑音対策は万全

特長2: 自然で滑らかな音量音質調整

サウンドプロセッサの最も重要な機能である音量調整。 ロームでは自然な音量調整の実現を追及してまいりました。
ロームの技術を結集したアドバンスド・スイッチ技術は、切り替えポップ音の無いアナログボリュームのような滑らかな切り替えを実現しました。

長寿命のためセットの信頼性向上

特長3: 携帯電話RFノイズ大幅軽減!

携帯電話を車内で受信する際、着信する数秒前からカーオーディオの音楽に混って不快なノイズが発生することがあります。
ロームでは、音質を劣化させずに飛び込みノイズを従来比1/10以下に軽減する技術を開発。 カーAVの更なる高品位化に対応します。

携帯電話RFノイズ大幅軽減

特長4: 外部ソースからのスル-音なし!(電源OFF時)

電源OFF時の音漏れ防止機能搭載し、外付けパワーアンプ使用時にセット電源をOFFにした場合の外部ソースからのスルー音を1/30以下に軽減。不要な音漏れを防止します。

(BD37034FVで対応)
外部ソースからのスル-音なし!(電源OFF時)

ラインアップ

ラインアップ

推奨
アプリケーション
製品名 パッケージ 動作電圧
(V)
RF
ノイズ
低減
ポップ音
低減
入力
ソース
(ch)
ボリューム
(ch)
フェダー
(ch)
トーン
コントロール
(バンド)
外部
入力
(ch)
Hi-
Voltage
出力
カーオーディオ NEW
BD37033FV
SSOP-B28 7.0~9.5 5 2 6 3 - -
NEW
BD37034FV
SSOP-B28 VCC=7.0~9.5
VCCH=VCCL~13.0
5 2 6 3 -
BD37534FV SSOP-B28 7.0~9.5 - 6 2 6 3 - -
BD37523FS SSOP-A24 7.0~9.5 - 5 2 5 2 - -
BD37503FV SSOP-B20 7.0~9.5 - 4 2 4 2 - -
カーオーディオ
(DSP連携可能)
NEW
BD37068FV
SSOP-B40 VCC=7.0~9.5
VCCH=VCCL~17.0
6 6 - 6
BD3461FS SSOP-A24 7.0~9.5 - - 6 - 6 -
BD3465FV SSOP-B20 7.0~9.5 - - 4 - 4 -
AVレシーバ
(DSP連携可能)
NEW
BD34701KS2
SQFP-T52 ±6.5~±7.5 12 8 - 8
BD3473KS2 SQFP-T80C ±6.5~±7.5 - 18 8 - 8
BD3474KS2 SQFP-T80C ±6.5~±7.5 - 16 6 - 6

関連情報

カーAV向けサウンドプロセッサ 以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿った製品開発を進めるとともに、さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この製品についてのお問い合わせ