センサー用635nm帯純赤色半導体レーザ RLD63NZC5 シリーズ

センサー用635nm帯純赤色半導体レーザローム独自の活性層設計によって良好な温度特性を実現

製品概要 | 特長1 | 特長2 | ラインアップ  | 用途

製品概要

635nmという波長は視感度※1が高いといった特徴から、墨出し器やレーザーポインターといった実際に光を目で見るアプリケーションに用いられております。

RLD63NZC5シリーズは、ローム独自の活性層設計によって達成できた良好な温度特性と長寿命を特徴としております。

※1 視感度:
同光出力に対する人間の目の感度を表しており、555nm(緑)が最も視感度が高くなります。
635nmはDVDに用いられる660nmより約3倍明るく見えます。

RLD63NZC5シリーズ

特長1:優れた温度特性と省電力を実現

RLD63NZC5シリーズはローム独自の活性層設計によって光出力の線形性を60℃まで保つ良好な温度特性を有しております。

優れた温度特性と省電力を実現

特長2: 長寿命のためセットの信頼性向上

RLD63NZC5シリーズは良好な温度特性を有しているため、従来構造よりも長寿命化しています。

長寿命のためセットの信頼性向上

ラインアップ

光出力 ガラスキャップ
5mW RLD63NZC5 RLD63NPC5

用途

■ 墨出し
■ 測距
■ センサー
■ バーコードリーダー
■ レーザーポインター

アプリケーション

センサー用635nm帯純赤色半導体レーザRLD63NZC5 シリーズ以外にも独自の技術を生かしてお客様のニーズに沿った半導体レーザの製品開発を進めると共に、更なる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この製品についてのお問い合わせ