入出力フルスイング 低入力オフセット電圧オペアンプ BD5291シリーズ

モーションセンサに最適な入出力フルスイングオペアンプ登場!

製品概要 | 用途  | 特長1 | 特長2 | 性能 | 関連情報

製品概要

「BD5291シリーズ」は、 同相信号除去比(CMRR)が70dB(Min)と非常に高く、微小な信号を高精度に増幅することが可能です。そのため、加速度、衝撃、角速度及び圧力などのセンサアンプ用途に最適です。また、従来の入出力フルスイングオペアンプでは動作電圧が1.8Vまでであったのに対して、「BD5291シリーズ」は1.7Vでの低電圧動作が可 能となり、1.8V系電源において電源電圧変動に対するマージンを確保しています。

パッケージ

用途:モションセンサのセンサアンプ用途に最適!

モションセンサのセンサアンプ用途に最適

スマートフォンやタブレットPC、ポータブルゲーム機などの加速度、衝撃、角速度及び圧力などのモーションセンサ向けのセンサアンプ用途に最適です。また、マイクアンプやアクティブフィルタなどの一般的な用途にもご使用可能です。

特長1:低電圧動作と入力フルスイングで使いやすさアップ

低電圧動作と入力フルスイングを両立

電源電圧1.7Vの低電圧動作で入出力フルスイングを実現。低電圧動作時も入出力フルスイングにより広いダイナミックレンジを保つことができます。また1.8V系の電源に対し、電源電圧の動作マージンがあるため、アプリケーションの低電圧化に貢献できます。

特長2:高精度の信号増幅が可能

高精度の信号増幅が可能

差動入力段でのオフセット電圧の変化点が存在しないため、同相信号除去比(CMRR)は従来製品の45dB(Min)に対して70dB(Min)と非常に高くなっています。これにより、出力に現れる同相信号による誤差を低減し高精度な増幅を実現できます。

性能:従来品との比較表

製品名 電源電圧範囲
(VDD)[V]
入出力範囲
[V]
同相信号除去比
(Min)[dB]
入力オフセット電圧
(Max)[mV]
パッケージ
(mm)
NEW
BD5291G
1.7 ~ 5.5 0 ~ VDD 70 ±2.5 SSOP5
2.9 x 2.8 x 1.25
開発中
BD5291FVE
VSOF5
1.6 x 1.6 x 0.6
従来品 1.8 ~ 5.5 0 ~ VDD 45 ±9 SSOP5
2.9 x 2.8 x 1.25

今後も、低電圧動作、入出力フルスイングの利点を活かしたシリーズ品を開発していきます。

関連情報

入出力フルスイング 低入力オフセット電圧オペアンプ 以外にも独自の技術を活かしてお客様のニーズに沿った製品開発を進めるとともに、さらなる製品シリーズの拡充に努めてまいります。

この製品についてのお問い合わせ