愛知製鋼と業務提携を進める超高感度MIセンサの量産技術を確立

発表日:2013年10月29日

ローム株式会社(本社:京都市、社長:澤村 諭)と愛知製鋼株式会社(本社:愛知県東海市、社長:藤岡高広)は、2013年2月にセンサ事業分野における業務提携を行い、両社の技術を融合した開発・生産体制の構築を進めてまいりました。
このたび、業務提携の主要テーマであった超高感度MI素子の製造委託について、ロームが誇る半導体生産技術を駆使することにより、生産効率の大幅な向上を達成し、大量生産が難しかったMI素子の量産技術を確立しました。この製品は2013年11月より機能サンプルの提供を開始してまいります。
今後は、本格量産に向けた生産体制の拡充を進めると共に、ロームが得意とするセンサコントロール技術を加えることにより、高精度かつ低消費なMIセンサの提供を実施してまいります。一方、愛知製鋼株式会社は、更なるMI素子の高度化と、自動車・産業機器分野を中心とした応用開発に注力する予定で、両社は互いのシナジーを活かすことにより、さらなる成長が見込まれるセンサ市場のニーズにあった製品の提供を進めてまいります。

従来に比べ10000倍以上の超高感度

<MIセンサの特長>

1.従来に比べ10000倍以上の超高感度
MIセンサは特殊なアモルファスワイヤを使用する次世代磁気センサで、愛知製鋼が世界で初めて開発に成功。従来の磁気センサ(ホール素子等)に比べ1万倍以上の高感度を持ち、IT化を加速する新技術として様々な分野への応用が期待されています。

 

 

2.演算回数の低減により、低消費電力化にも貢献
従来の磁気センサは、精度向上のためにセンシング(演算)回数を増やし平均値を出す必要がありますが、高感度のMIセンサは、センシングの回数を減らしても高い精度を実現。演算処理に必要な電力を大幅に低減できるため、センシングシステム全体の低消費電力化にも貢献します。これにより、スマートフォンやタブレット、パソコン等の新たなアプリケーションなど磁気センサ応用のイノベーションを加速します。

 

この製品についてのお問い合わせ