全く新しい工法を用いて、微細化の限界を超えた世界最小部品「RASMID(ラスミッド)®シリーズ」
モバイル機器のさらなる小型化に貢献

2013年9月19日

<要旨>
0.5mmのシャーペンの芯と比較近年、あらゆる機器の高機能化に伴い、部品レベルでの小型化が求められています。こうした中、ロームでは早くから独自の微細化技術を駆使し、部品の小型化において技術革新を進めてきました。
2011年には微細化の限界と言われる0402(0.4×0.2mm)サイズを下回る世界最小のチップ抵抗器(0.3×0.15mm)を、そして2012年には世界最小半導体となるツェナーダイオード(0.4×0.2mm)を開発しました。
今回、新たに0402のショットキーバリアダイオード(SBD)をラインアップすると共に、いよいよ03015のチップ抵抗器を量産化します。
ロームでは、これら従来と全く違う新しい工法を用いて小型化を実現し、驚異的な寸法精度(±10μm)を誇る世界最小部品をRASMID®(ROHM Advanced Smart Micro Device)シリーズと位置付けています。
今後も製品の小型化はもちろんのこと、実装技術に至るまでより実用化に向けた技術開発を行い、さらなる機器の小型化に貢献していくためにも、本シリーズの製品ラインアップを拡充していく予定です。

※9月19日現在 ローム調べ

<ロームのRASMID®シリーズ>
従来と全く違う新しい工法を用いて小型化を実現し、驚異的な寸法精度(±10μm)を誇る世界最小部品シリーズ
■0402(0.4mm×0.2mm)サイズのショットキーバリアダイオード
・従来の0603サイズに比べて、82%のサイズダウンに成功(体積比)
・2013年10月からサンプル出荷、 2014年1月から量産を開始予定
■03015(0.3mm×0.15mm)サイズの抵抗器
・従来の0402サイズに比べて、56%のサイズダウンに成功(体積比)
・2012年1月に既にサンプル出荷、 2013年10月から量産を開始予定
■0201(0.2mm×0.1mm)サイズの抵抗器
・03015サイズから更に、68%のサイズダウンに成功(体積比)
・2014年10月からサンプル出荷予定

なお、本製品は10月1日~5日に千葉・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2013」のロームブースでも展示する予定です。ぜひご来場ください。

ショットキーバリアダイオード

<0402(0.4×0.2mm)サイズのショットキーバリアダイオード>
RASMID®シリーズの特長である新工法を使用し、スマートフォンなどのモバイル機器向けに高密度実装を可能とした世界最小クラスのショットキーバリアダイオード0402サイズ(0.4×0.2mm)を開発しました。 生産拠点はローム・アポロ株式会社(福岡県)で、2013年10月からサンプル出荷(サンプル価格:20円)を開始し、 2014年1月から当面月産500万個の規模で量産を開始する予定です。

1.独自のプロセス技術により、
 世界最小の0402サイズ(0.4 mm×0.2 mm)を実現

本製品は、従来の0603サイズ(0.6mm×0.3mm)に比べて、82%のサイズダウンに成功。スマートフォンをはじめ、携帯電話、DSCなどの小型・薄型化が求められるあらゆる機器の高機能化、小型化に大きく貢献します。

※9月19日現在 ローム調べ

2.順方向電圧(VF)などの主な電気的特性を「0603サイズ」と同等に維持
ダイオードは、一般的にチップの微細化と電気的特性は相反関係にあります。この相反関係を打ち破るべく、独自のチップデバイス構造と超精密加工技術を採用することで、順方向電圧(VF)を始めとする主な電気的特性を従来品(0603サイズ)と同等に維持した上で超小型化、超薄型化を可能にしました。

サイズ VF
(@IF=10mA)
IR
(@VR=10V)
VR
(逆方向電圧)
0603
(既存)
0.37V
max.
7μA
max.
30V
min.
0402 0.37V
max.
7μA
max.
30V
min.

3.チップの寸法精度を±20μmから±10μmに大幅向上
チップの寸法精度を±20μmから±10μmに大幅向上

4.ダイオードの小型化の歴史
ダイオードの小型化の歴史

抵抗器

<03015(0.3×0.15mm)サイズの抵抗器>
RASMID®シリーズは、単に製品の小型化を追求するだけでなく、実装技術に至るまでより実用化に向けた技術開発を行っています。寸法精度は±10μm以下を誇り、新サイズとなる03015においては、実装機メーカとの協議を重ねた結果、大量のサンプル提供による実装評価においても不良率ゼロを達成。世界最小のチップ抵抗器として、10月より月産5000万個で量産を始めます。生産拠点はローム・アポロ株式会社(福岡県)となります。
なお、さらなる機器の小型化に貢献していくため、0201(0.2×0.1mm)サイズも開発を進めております。

1.独自のプロセス技術により、※世界最小の03015サイズ(0.3 mm×0.15 mm)を実現

サイズ 定格電力 定格電圧 素子最高電圧 抵抗値許容差 抵抗値範囲 抵抗温度特性 使用温度範囲
03015 1/50W
(0.020W)
√(定格電力×公称値)による算出値か素子最高電圧のいずれか小さい値 10V F(±1%)、
J(±5%)
10Ω~1MΩ (E24) ±200ppm/℃ -55~+125℃

2.チップの寸法精度を±20μmから±10μmに大幅向上
チップの寸法精度を±20μmから±10μmに大幅向上

3.抵抗器の小型化の歴史
抵抗器の小型化の歴史

■新製品速報
業界最小クラスのショットキーバリアダイオード(PDF:458KB)

この製品についてのお問い合わせ