1. >
  2. >
  3. >

企業情報

トップメッセージ

代表取締役社長 澤村 諭

企業目的
われわれは、つねに品質を第一とする。
いかなる困難があろうとも、
良い商品を国の内外へ永続かつ大量に供給し、
文化の進歩向上に貢献することを目的とする。

世界ではさまざまな社会課題を解決しつつ、企業活動を実践していくCSVという考え方が広がっています。
ロームにとっては決して新しい取り組みではなく、創業当時より掲げる「企業目的」に基づき、
高品質かつ革新的な製品の提供を通じて、文化の進歩向上に貢献してまいりました。
創業から60余年、企業規模や経営環境は大きく変化しましたが、これらの考えは不変であり、
ロームのDNAとして連綿と受け継がれています。
ロームグループはこれからも「企業目的」「経営基本方針」を遂行し、
あらゆる品質を高めるとともに新たなチャレンジを続けることで、社会に貢献してまいります。

創業以来、変わらぬ「品質第一」

ロームでは、技術革新が進む自動車市場をはじめ、省エネ化、IoT化が求められる産業機器市場や家電市場、さらなる高機能化が進むIT機器など、幅広い分野に向けてキーデバイスとなる製品を数多く提供しています。

製品開発を支えるのは、開発から生産までを一貫してロームグループ内で行う「垂直統合」システムです。これは創業以来、大切に守り続けてきた「われわれは、つねに品質を第一とする」というロームのマインドの象徴でもあります。あらゆる工程で高い品質をつくり込み、確実なトレーサビリティの実現やサプライチェーンの最適化を図ることにより、製品としての貢献だけでなく、モノづくりを通じた安心の提供を実現しています。

またロームでは、抵抗器からディスクリート製品、LSI、そしてモジュールに至るまで、幅広いラインアップを揃え、ワンストップでの製品提案が可能です。社会やお客様の課題を解決するべく、ラピスセミコンダクタやKionixなどを含め、ロームグループの総合力を活かしたソリューション提案に注力しております。

社会課題を解決する4つのソリューション

その中核を担うのがアナログソリューションです。ロームが最も得意とするアナログ技術に、デジタル技術、ソフトウェア技術を融合し、高効率、高精度の電源やモータドライバを提供しています。世界最先端を誇るSiCを中心としたパワーデバイス技術と、そのデバイス性能を最大限にいかす制御ICやモジュール技術を組み合わせたパワーソリューションとともに、自動車や産業機器分野の省エネ化・小型化に貢献しています。

一方、拡大が期待されるIoT分野に対しては、豊富なセンサ技術に加え、制御技術や無線通信技術を融合したセンサソリューションを展開。高機能化が進むモバイル機器の進化を支える超小型、薄型の電子部品を提供するモバイルソリューションと合わせ、さまざまな分野の技術革新をサポートしています。

健全かつ安定な生活を確保し、
豊かな人間性と知性をみがき、もって社会に貢献する

すべての企業活動を支えるのは、何よりも「人」であり、その規範とも言えるのが「経営基本方針」の一節に示された、この言葉です。
ますますグローバル化する社会の中、多様な価値観や考えを有した人財が、それぞれの個性や能力を存分に発揮し、活躍できる環境を整えることも重要な役割だと考えています。

ロームグループでは引き続き、豊かな人間性と知性を併せ持つバランスのとれた人財を育成し、さまざまな交流の中からイノベーションを生み出し、質の高い製品を提供することで、ステークホルダーの皆様のご期待にこたえられるよう努めてまいります。

2017年6月
サイン - Satoshi Sawamura